シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

“台湾のカトパン”ジエン・マンシュー、背中丸出しドレスで日本を魅了!

“台湾のカトパン”ジエン・マンシュー、背中丸出しドレスで日本を魅了!
すごい美人!ジエン・マンシュー

 カトパン似で話題になっている台湾の女優ジエン・マンシューが27日、都内で行われた映画『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』の初日舞台あいさつに中野裕太と共に出席。マンシューは背中が大胆に開いた黒のセクシードレスで登場し、抜群のプロポーションを披露して日本の観客を魅了した。

 母国では女優としてだけでなく、脚本家、監督としても活躍するマンシュー。本作では中野演じる日本人男性・モギサンと国籍や文化、距離を乗り越えて恋に落ちる台湾人女性リンちゃんを熱演。「ミナサン、マンシューです」と日本語であいさつすると、「リアルなトゥルーラブストーリーが元になった作品。わたしも、もし将来、素敵な男性と出会うことができたら、リンちゃんと同じように『大好きです』って(逆境を気にせず)迫っていきたい」と作品をアピール。

 この日はメガホンをとった谷内田彰久監督、主題歌を歌った ericka hitomi のほか、原作者で作品のモデルとなった実際のモギサン夫妻も登壇。マンシューは、モギサンにも感謝の気持ちで一杯の様子で、「モギサン(夫妻)が恋に落ちたからこそ、わたしたちもここにいることができます」とコメント。その後は撮影中、富士山(フジサン)とモギサンを絡めたダジャレを中野にぶつけたが全く相手にされなかったという微笑ましいエピソードなど、撮影の裏話を楽しそうに披露して会場を盛り上げた。

 中野のほうも本作について「めちゃめちゃピュアな作品。キスシーンすらない。でもそういうプラトニックなところがすごく好きです」と満足げ。原作者のモギサン夫妻も映画の完成が嬉しそうで、モギサンが「台湾の風景や台湾の人の優しさや情熱、そういう部分を映画の中に見て、台湾に久しぶりに行きたくなる、そういう気持ちが芽生えてくるようなところが好きでした」と感想を述べると、リンさんも「マッサージのシーンが出てきたり、家で麻雀をしているシーンがあったり、台湾ならではの風景がたくさん」と笑顔で作品の見どころを述べていた。(取材・文:名鹿祥史)

『ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。』は新宿シネマカリテほかにて順次公開中


楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画ニュース
  2. 2017年
  3. 5月
  4. 27日
  5. “台湾のカトパン”ジエン・マンシュー、背中丸出しドレスで日本を魅了!