中島健人、平祐奈、知念侑李「未成年だけどコドモじゃない」映画化!とろける三角関係

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
とろけないように注意! - (c) 水波風南/小学館 (c) 2017 「未成年だけどコドモじゃない」製作委員会

 中島健人Sexy Zone)、平祐奈知念侑李Hey! Say! JUMP)共演で、水波風南の少女漫画「未成年だけどコドモじゃない」が実写映画化され、12月23日より公開されることが明らかになった。メガホンを取るのは『ヒロイン失格』などの英勉監督で、「ナイーブで超絶カッコいい中島さんと、天然で超絶キュートな平さん、生意気で超絶カワイイ知念さん、をお届けしたいと思ってます。とろけないように、心しておいて下さい!」と展望を語っている。

【画像】平と知念は『忍びの国』でも共演

 何不自由なく育てられたお嬢様・折山香琳(平)が16歳の誕生日に両親からプレゼントされたのは「結婚」。親が決めた相手は、初恋の相手で学校イチのモテ男でもある鶴木尚(中島)で、香琳は幸せな結婚生活が始まると信じて疑わなかったが、結婚するなり尚は「お前みたいな女、大っ嫌いなんだよな」とばっさり。彼にとってこの結婚は、折山家の経済力を目的とした“愛のない”ものだったのだ。そんな中、香琳に想いを寄せていた、彼女の幼なじみで同じ高校に通う超お金持ち・海老名五十鈴(知念)からのアプローチが始まり……。

[PR]

 文武両道の学校の王子様を演じる中島は「(尚は)実はすごく人間らしいキャラクターです。裏表がハッキリしている性格なので香琳に冷たく接しますが、ふいに優しくなる温かい表情をわかりやすく演じられたらと思います。平さんとは初共演ですが、香琳のイメージにとても合っているなと感じたので、現場でどのような空気感になるか楽しみです」とコメント。ヒロイン役の平も、中島は「漫画の中の王子様そのもののイメージ」であり、「尚は中島さんだと思って原作を読み進めていました」と共演を心待ちにしている。

 そして五十鈴役の知念も「ブレないカッコいい美少年を演じるのは勇気がいりますが、原作で感じたカッコよさをしっかり表現し、健人に負けないように頑張りたいと思います。共演するお二人はどちらも二度目になりますが、健人とは中学生以来の共演となるので、大人になった二人の掛け合いを楽しみたいと思います」「たくさんの方をキュンキュンさせられるように頑張ります」と意気込んでおり、三人が織り成す三角関係に期待が高まる。

 このキャスティングには原作者の水波も大興奮のよう。「決定したお三方の名前を聞いてとびあがりました! 私の中のぼんやりとした理想を遥かに超えていて、『絶対観たい!』『早く完成してほしい!!』と、その瞬間から現在に至るまで幸せな気持ちでいっぱいに過ごしています」とコメントを寄せている。撮影は8月から9月にかけて都内近郊、東宝スタジオほかで行われる。(編集部・市川遥)

映画『未成年だけどコドモじゃない』は12月23日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]