シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
忍びの国
(C) 2017 映画『忍びの国』製作委員会
製作年:
2017年
製作国:
日本
日本公開:
2017年7月1日
(全国東宝系)
製作:
映画『忍びの国』製作委員会
公認:
日本忍者協議会
制作プロダクション:
ツインズジャパン
配給:
東宝
カラー

見どころ:「のぼうの城」「村上海賊の娘」などの作家・和田竜の小説を実写化したアクション時代劇。伊賀忍者最強とされる男・無門が、織田信長の息子・信雄の軍勢と伊賀の国との戦いに身を投じる姿を追う。メガホンを取るのは、『ジェネラル・ルージュの凱旋』『予告犯』などの中村義洋。中村監督作『映画 怪物くん』などの大野智が、怠け者ながら腕は確かな主人公の忍者を演じる。大野の体を張ったアクションや、武力だけに頼らず知略を駆使した戦いの行方に目を奪われる。

あらすじ:戦国時代、忍びの国として名高い伊賀。超人的な戦闘能力を誇り、虎狼の族と呼ばれる伊賀忍者の中でも特に腕の立つという無門(大野智)は、怠惰な日々を過ごしては妻・お国に稼ぎのなさを叱責されていた。ある日、織田信長の次男・信雄が父ですら手出しするのを恐れていた伊賀への侵攻を、独断で開始する。無門に弟を殺されて伊賀への復讐(ふくしゅう)を果たそうとする下山平兵衛、伊賀の重鎮・百地三太夫や下山甲斐をはじめとする忍者たちの思惑や野望も入り乱れる戦いに、いつしか無門ものみ込まれていくが……。

忍びの国
(C) 2017 映画『忍びの国』製作委員会

映画短評

  • 清水 節
    跳躍し撹乱する斬新な活劇に対し、愛の尊さを知るドラマが弱い
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     原作の怠け者という設定より、無気力無感動に映る大野智だが、いざ戦闘モードになれば、その生身のアクションは目覚ましい。軽やかに跳躍し、踊るように撹乱し、リズミカルにかわす。殺陣というよりも、いわば振付だが、魅せるパルクールと荒ぶる格闘技の融合は斬新だ。ただし、視覚効果を駆使したシーンになると、途端に決め画に乏しくなる。敵と味方が判然としない混沌とした乱世。殺戮へのこだわりという原作箇所の省略と徹底した軽さで語る話法は正解だが、己の欲得にのみ生きる“人でなし”が、大義や愛の尊さを知るまでの肝心のドラマは、しっかりと掘り下げて構築すべきだった。

  • くれい響
    大野くん、どハマリ。
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    何考えてるか分からない、一筋縄ではいかない主人公・無門のキャラは、飄々とした大野智に、どハマリだ。しかも、持ち前の身体能力とバルクールなどのアクロバット、ジークンドーやカリなどの格闘術をミックスした吉田浩之によるアクションとの相性も良い。ファンならずとも目を見張るほどの仕上がりで、岡田准一とのバトルも観たくなるほどだ。もちろん『映画 怪物くん』の惨劇ふたたび、にはなっておらず、時代劇に偏見を持つ層には興味深く映るだろう。個人的には『シンゴジ』の「竹尾でーす」こと、小松利昌との絡みも嬉しいが、俳優部の芝居のテンションの差異やCGシーンとのバランスが、ドラマとしての詰めの甘さに繋がった感もある。

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005
  • 写真006

(C) 2017 映画『忍びの国』製作委員会


スタッフ

原作・脚本: 和田竜
監督:
ナレーション: 山崎努
企画・プロデュース: 平野隆
エグゼクティブプロデューサー: 藤島ジュリーK.
音楽: 高見優

キャスト

無門:
お国:
下山平兵衛:
織田信雄:
長野左京亮:
北畠凛:
下山次郎兵衛:
下山甲斐:
音羽の半六:
百地三太夫:
北畠具教:
日置大膳:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『忍びの国』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「忍びの国」 from ここなつ映画レビュー (2017年7月26日 18時20分)
    ラストの伊勢谷友介のセリフが非常に文学的。そうきたか、という、ね。作中、似たパターンの繰り返しもあり、うーん、ちょっと飽きたかなぁ、といった感想を持った所でかなり心に響いた。そう、これ、これが言いたかった訳だよ。忍びの姿に重ね合わせて、虎狼の心を持った人々のことを。それは現代の人々の中にもどこかに紛れているのだと。織田信長が天下を獲るに当たって、尾張の近辺から手中に収めるのは当然のこと。今、伊勢が政略結婚の功労もあり、織田家の掌中にあった。政略結婚で婿入りした織田信雄(知念侑季)は若干21歳。伊勢の当主北畠 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「忍びの国」:あーあ、やれやれな失敗作 from 大江戸時夫の東京温度 (2017年7月18日 23時4分)
    映画『忍びの国』は明らかに失敗作。おふざけなんだかシリアスなんだか、何を描いて何 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【忍びの国】嵐の大野智の演技は及第点? from 元ボクサーの一念発起 (2017年7月7日 17時58分)
    織田軍VS伊賀忍者! 「のぼうの城」「村上海賊の娘」で有名な和田竜が、戦国時代に伊賀忍者と織田信長軍との間に起こった天正伊賀の乱を題材にした小説”忍びの国”を、「嵐」の大野智主演、「予告犯」「殿、利息でござる!」の中村義洋監督のメガホンにより映画化したアクション時代劇! いごっそう612 どうも、いごっそう612です!元ボクサーの一念発起へようこそ!忍者最高(笑) 作品情報 原題:忍びの国邦画:歴史・アクション製作年:2017年製作国:日本上映時間:125分日本公開:2017&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 『忍びの国』評価と感想/日本版デッドプールの趣 from eigamanzaiの映画レビュー (2017年7月4日 0時20分)
    金が全て。風が吹けば桶屋が儲かる ☆4.5点 予告編はこんな感じです 「忍びの国」予告映画:「忍びの国」 公開日:2017年7月1日全国ロードショー 公式サイト: (C)2017『忍びの国』製作委員会www.youtube.com 映画データはこちらからどうぞ (シネマトゥデイ) 忍びの国映画『忍びの国』の作品情報:「のぼうの城」「村上海賊の娘」などの作家・和田竜の小説を実写化したアクション時代劇。伊賀忍者最強とされる男・無門が、織田信長の息子・信雄の軍勢と伊賀の国との戦いに身を投じる姿を追う。メガ&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2017年6月26日の週の公開作品
  3. 『忍びの国』