「HAWAII FIVE-0」チン&コノ俳優の降板、局はギャラ大幅増&必死に引き留めたと声明

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
「HAWAII FIVE-0」より - グレイス・パーク&ダニエル・デイ・キム - CBS via Getty Images

 日本でも人気の米テレビドラマ「HAWAII FIVE-0」で特別捜査チーム“FIVE-0”のメンバー、チン・ホー・ケリーを演じたダニエル・デイ・キムとコノ・カラカウア役のグレイス・パークが第7シーズンで降板した理由は、出演料をめぐってのことだったと報じられているが、米CBS局がこの点についてコメントを出したとDeadlineなどが報じた。

「HAWAII FIVE-0」のスティーヴ&ダノ【写真】

 Varietyはダニエルとグレイスが白人キャストと同じ出演料を求め、交渉が決裂したことが降板の理由と報道。ダニエルはFacebookで「平等への道には困難はつきものです」とこれを認めるようなコメントを投稿していた。

 これを受け米CBSは、二人に大幅なギャラアップをオファーし、必死に引き留めたとの声明を出している。「ダニエルとグレイスは7シーズンにわたり、『HAWAII FIVE-0』の貴重で大事なメンバーでした。われわれも彼らを手放したくなく、大幅な出演料のアップをオファーし、必死に引き留めました。契約内容で合意に達することはできませんでしたが、彼らの素晴らしい才能と番組の大使的な役割を担ってくれたことに心から敬意を表し、別々の道を行くことになります。また近いうちに一緒に仕事ができることを願っています」と言っている。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]