土屋太鳳、憧れの人は元宝塚女優 初対面に「胸いっぱい」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
土屋太鳳

 女優の土屋太鳳が12日、都内で行われた映画『フェリシーと夢のトウシューズ』の初日舞台あいさつに以前から憧れの人だったという黒木瞳と出席。黒木と初対面すると「お会いするのがうれしくて……本日、初めてご一緒させてもらってステキすぎて胸がいっぱいです」と感無量の表情を見せた。

【画像】土屋太鳳、あこがれの人と2ショット

 花の都パリを舞台にバレリーナになることを夢見る少女の物語を描く本作で、主人公フェリシーの吹き替えを担当した土屋。主人公さながら頭にティアラをかぶり、背中の開いた赤のドレス姿で登場して会場を沸かせたが、黒木と並んで立つと「憧れの方だったので緊張します」とうれしそうな表情。

[PR]

 自身もバレエ経験者でありコンテンポラリーダンスを得意とする土屋は、元宝塚歌劇団月組娘役トップの黒木に以前から憧れを持っていたようで、「さっき、(楽屋で黒木に)緊張していますと言ったら『今日、楽しもうね』って言ってもらえて、心が明るくなりました」と喜び。本作の完成披露試写会では夏木マリとも対面して感激したという土屋だが「夏木マリさんや黒木瞳さんのように女優としても女性としてもすてきな人間になりたい」とコメントすると、黒木から「そういう思いがあるときっとかなうから頑張ってください」と声を掛けられていた。

 黒木は土屋が吹き替えを担当したフェリシーにバレエを教えることとなる、元バレリーナのオデットの吹き替えを担当。オファーをもらう以前からフランスですでに本作を観ていたといい、「ものすごく感動して幸せな気持ちになりました。日本にも来たらいいなと思っていたのですが、こうして日本でも公開され、吹き替えで自分がこの映画に参加できるのはとても幸せな気持ち」と笑顔。

 オデットに絡めて、宝塚時代に自身が特訓を受けたエピソードも明かし、「最初に思い出すのは宝塚で初めて役がついた時に、動きながらセリフを言うために教室の隅っこで『ハア』だけを言いながら、何週も部屋を回ったこと。いい特訓になりました。意外と(セリフを言う時は)動けないものなので」とコメント。隣で土屋は「今それで悩んでいたところなのですごく勉強になります。いろんな試練を乗り越えられてきた方とご一緒できて本当にうれしいです」と黒木に尊敬の眼差しを向けていた。(取材・文:名鹿祥史)

『フェリシーと夢のトウシューズ』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]