明石家さんま、Netflixと民放の差に複雑…製作費も「ものすごく」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
Netflix新CM「人間、明石家さんま。『NETFLIX』の話」に出演した明石家さんま

 世界最大手配信サービスNetflixとドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」を製作している明石家さんまが、ネット配信業界について「ホンマはライバル」と言いつつも、民放テレビとの制作費の差や自身が感じている複雑な思いについて明かした。

 今回“日本においてのNetflixの目指すポジションを表現する”ということで、Netflixの新CM「人間、明石家さんま。」に出演することになったさんま。だが彼は、インタビュー映像で「NetflixのCMしてるのも微妙。気持ち的には整理がついとらんかも」と告白する。「お金払ってみるテレビがこれだけ増えてきて。俺たちがやっている地上波が苦しくなってきているのも事実なんで」と言った彼は、地上波で育ってきた人間として「ライバルやからなホンマは」と葛藤をのぞかせる。

 その上で今回の出演にOKを出したことへ「今回ドラマを作ってくれるというので、こういう画(え)になったんですけれども」と話すと、そのドラマについて「ものすごく製作費もよく出していただいて」と裏話もポロリ。「正直言うと民放さんよりもいい製作費を出していただいて」と語り、「自由にできるしね。『Jimmy』ていうものも、民放に企画書を出していたらどうやったやろかとか思う感じ。そういうのをやっていただけるのは非常にありがたい」とネットならではのメリットも実感している様子。

 さんまは「やりたいことができて、これから成功すればまたもう一本とかなっていくんでしょうけれども」と今後の展望ものぞかせつつも、今年7月に出演俳優の小出恵介が無期限活動停止となった影響を受け、ドラマが再撮影ならびに配信日延期となったことで、「今回はつまづいたんで。いきなりつまづいたんで、本当に申し訳ない」とコメント。「ネットフリックスさんもむなしい気分だと思います」とも目を伏せていた。(編集部・井本早紀)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]