水原希子「ドーンと」セクシー衣装で登場!「気合い入れました」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
朝からすごい服で登場した水原希子

 女優の水原希子が16日、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われた映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』初日舞台あいさつに露出度の高い黒のビスチェ姿で登場。水原は「昨日はすごくドキドキしちゃって夜も眠れなかったのですが、気合い入れるつもりで着ちゃいました。朝から刺激が強すぎましたかね」と会場をあおっていた。本舞台あいさつには主演の妻夫木聡大根仁監督も登壇した。

【写真】背中もすごいぞ!水原希子の衣装

 本作は、渋谷直角のサブカルコミックを映画『モテキ』などの大根監督が妻夫木&水原を迎えて実写映画化した作品。奥田民生に憧れるライフスタイル誌編集者のコーロキ(妻夫木)が、超絶美人で男を狂わす魔性の女・あかり(水原)と出会ったことにより、心を奪われ彼女に振り回されて苦悩するさまを描いたラブコメディーだ。

[PR]

 妻夫木は原作を読んで強く映画化をのぞんだことが報道されていたが「どの映画も初日は緊張するのですが、この映画は自分で手を挙げたこともあり、もしヒットしなかったら東宝さんは二度と仕事してくれないんじゃないかって不安なんです。(妻夫木が所属する)ホリプロの人間も今日、たくさんいるんじゃないかな」と不安を口にすると、大根監督も「ブッキーがやりたいって言ってくれたから、こんな大きな映画になったしね」と追い討ちをかけるような発言。

 そんな2人に対して水原は「大丈夫! 絶対ヒットします」と満面の笑顔で語ると「毎日ルンルンの撮影でした。キャスト、スタッフさんともに皆さん明るく大人の余裕がある現場。エッチなシーンはありましたが、特に緊張することなくオープンな感じでできました」とあっけらかん。大根監督が「希子ちゃんはオープンすぎるんだよ!」と突っ込みをいれる場面もあった。

大根仁監督、妻夫木聡、めっちゃ楽しそうな水原

 さらに妻夫木は「今日の衣装だってびっくりしますよね。これ希子ちゃんの私服なんですよ」と暴露すると、水原はおどけながら「初日なのでドーンといきました」と露出をアピールしていたが「撮影中もプロモーション期間も、妻夫木さんが気をつかわせないようにしてくださっていたのでリラックスできました。かっこよくて優しくて素敵なお兄ちゃんです」と奔放に振る舞えるのは、妻夫木が懐が深い人物だからと強調していた。

 またイベント後半には、妻夫木が憧れの存在と語る奥田から直筆サイン入りアコースティックギターがプレゼントされると「すごい! うれしい」と喜びを爆発。大根監督が「俺のサインも入れようか?」とギターに手を伸ばそうとすると「本当にやめて! それ本当に怒るやつだから」と断固拒否。さらに水原が「わたしも書きましょうか?」と続けると「じゃあ、裏にお願い」と返して会場を笑わせていた。(磯部正和)

映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]