関ジャニ錦戸亮、「西郷どん」で大河初出演に感慨「20年かかった」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
主演の鈴木と新たに発表されたキャスト陣

 2018年放送のNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」の新たな出演者発表会が3日、都内で行われ、西郷家の三男・西郷従道(信吾)役を関ジャニ∞錦戸亮が務めることが明らかになった。NHK大河初出演となる錦戸は「きっちり役割を果たしていけるように精一杯がんばっていきたい。ジャニーズのオーディション受けて20年くらい経つのですが、こんな本格的なドラマに出るのに20年かかったんだなって……」と感慨深げな表情を見せた。

【ほか写真】二階堂ふみ、赤い着物姿が艶やか!

 原作・林真理子と脚本・中園ミホのコンビで、明治維新のヒーロー・西郷隆盛の生涯を描く本ドラマ。錦戸のほか、今回新たに二階堂ふみ井戸田潤田中道子ミムラ藤木直人尾上菊之助竜雷太佐野史郎伊武雅刀又吉直樹の11名の新キャストが発表された。会見には主演の鈴木亮平と新キャストから9名、制作統括の櫻井賢も出席。

[PR]

 二階堂は西郷と恋に落ち結婚する愛加那を演じるが、登壇すると「このような場に立てるのは光栄。そして緊張しています。たくましい女性を演じることができたら」と恐縮。鈴木が「誰がやるのだろう」と一番気にしていたのがこの愛加那役だったといい、「いろんな作品は観てきましたが、つねづね共演したいと思っていた女優さんの1人。今とてもわくわくしています。そのわくわくを大切に僕も精一杯どーんとがんばりたいです」と二階堂との共演にうれしそうな表情を浮かべた。

 備後福山藩主・阿部正弘を演じる藤木は9年前に鈴木と連続ドラマで共演した際、鈴木の演技に対する姿勢に感銘を受けたエピソードを披露。「当時、生徒役だった鈴木君の芝居に対する情熱に衝撃を受けたのを覚えているんです。そして9年が過ぎて今、NHK大河ドラマの主演。誇らしいです。親戚のおじさんのような心境」としみじみ語った。

 井戸田は錦戸同様大河ドラマ初出演で桂久武役を務める。「大河ドラマは子どもの頃から観ていたので選んでいただいて気が引き締まる思い。少しでも貢献できるようがんばります。話をいただいた時はリビングで『よっしゃっ!』て叫びました」と述べ、「初めてのことばかり。時代劇も初めて。小沢(一敬)さんに大河決まったよって言ったんですけど、詳細は伝えていないので彼はまだ俺が西郷さんを演じると思っています」とも話して会場を笑わせた。

[PR]

 ほか新キャストはそれぞれ佐野が井伊直弼、伊武が徳川斉昭、竜が調所広郷、田中が宿屋のアイドル・タマ、ミムラが大久保満寿を演じる。また、この日は出席しなかったが、ピースの又吉は徳川家定役、尾上は月照役で出演。

 主演の鈴木は「撮影が始まって、改めてすごいなって思うのは共演者の方々。そうそうたるメンバーで、すべての方々が超一流。その方々と一緒に芝居をできる。そんな幸せなことはないなって。今回も最高にぜいたくな方々。これから一緒にお芝居をさせてもらうのが楽しみです」と話していた。(取材・文:名鹿祥史)

大河ドラマ「西郷どん」は2018年1月より放送(全50回)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]