オダギリジョー「役者冥利に尽きる」主演作公開に感無量!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
オダギリジョー

 俳優のオダギリジョーが7日、TOHOシネマズ新宿で行われた映画『エルネスト』公開記念舞台あいさつに永山絢斗阪本順治監督と共に登壇した。オダギリは、キューバ革命の英雄チェ・ゲバラと共に戦った日系人の生涯を描いた骨太な映画で主演を務めたことに「こういう作品に呼んでいただけることは役者冥利に尽きます」と感無量な表情を浮かべた。

オダジョー、自身20代半ばの写真を手に…【他写真】

 これまでも数多くの作品に出演し、個性的な演技を披露してきたオダギリだが、本作出演に際して、先輩俳優から「いつも挑戦的な作品に出演するお前の姿勢がとてもうれしい。こういう作品が今後もたくさん作られるように、お前が引っ張っていけ」というありがたい言葉をもらったという。オダギリ自身も「僕としてもこういう、本当に意味のある作品に関われることが大変うれしいです」と強い視線で語った。

[PR]

 こうした思いは共演の永山も感じているようで「いろいろな映画が公開されるなか、チェ・ゲバラを題材にした阪本監督の映画で、主演がオダギリさん……今日この映画を観に来てくださったお客さんは正しいです。僕でもこの映画を観ます」と照れながらも熱い思いを吐露する。

 そんな二人の思いに、メガホンをとった阪本監督は「この映画は高倉健さんに感謝しなければならないんです」と語り出すと「2013年に高倉さんからお手紙とお電話をいただき、脚本を書かないかと言われました。そのときに国や国籍や人種の話をされて、それをヒントに登場人物に日系移民を登場させようという設定になったんです。そこで日系移民を調べていうるうちに、本作の主人公である(オダギリジョー演じる)フレディ前村ウルタードという人物に出会った。その企画は僕の力不足で実現しなかったのですが、高倉さんの言葉がなければ、フレディにたどりつかなかったし、この映画もなかったのかなと、初日を迎えて感じています」と秘話を披露した。

 またこの日は、本作の主人公たちが活躍した年齢にちなんで、それぞれの25~26歳のときを振り返るコーナーが設けられると、オダギリは「『アカルイミライ』を撮影していた時期。僕は初めての主演で『この作品で失敗したらこの先の俳優人生はない』と気合い入っていたのですが、黒沢清監督から『オダギリさん、そんなに芝居しないでください』って全シーンで言われていました」と述懐。

[PR]

 続けて、当時は「スティーヴ・ブシェミみたいに、こだわりのある監督の作品で個性を発揮するような俳優が目標だった」と語っていたが、「昨日ネットニュースでトピックスになっていましたが、いまは仕事をしないで遊んで暮らしたいというのが目標です」と発言し、会場を笑いに包んでいた。

 最後に阪本監督は「僕としてもこんなに清らかな映画を撮ったのは初めてで恥ずかしいところもあるのですが、政治家が笑えない喜劇を演じているなか、まっすぐな映画があってもいいのかなと思っています」と混沌としている現在の日本の政治を皮肉りつつ、作品をアピールしていた。(磯部正和)

映画『エルネスト』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]