神木隆之介、「ゆがんでいる」と浅野忠信&山本美月から指摘

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
刑事役に挑戦する神木隆之介

 俳優の神木隆之介が10日、都内で行われたフジテレビ系連続ドラマ「刑事ゆがみ」完成披露試写会に出席し、浅野忠信山本美月からゆがんだ人間であることを暴露された。この日は、仁科貴橋本淳稲森いずみ、主題歌を担当するスリーピース・ロック・バンドのWANIMAも登場した。

【写真】山本美月、すごいイメチェンで登場!

 タイトルにちなみ、一番ゆがんでいる人を暴露し合うことになると、山本は神木を指して「だって変だよね。普通じゃないですよね」と意味深コメント。浅野も「同感」と賛同するが、神木から自分を指していなかったことを指摘されると、「気を遣ったの。ゆがんでるから、本当に指しちゃったらシャレにならない」と説明。さらに、「今日までは神木くんのことをゆがんでいないと思っていたファンが、今日からはアイツ最低なんだな(って思うよ)」とニヤリ。すると神木は「全然いいですよ。(人間は)面白味がないとね」とゆがんでいることを肯定する発言で、ファンをやきもきさせた。

[PR]

浅野忠信&山本美月からいじられる神木隆之介

 本作は、「弁護士のくず」などの井浦秀夫の人気漫画を映像化した刑事ドラマ。犯罪者の心を見抜く天才偏屈刑事・弓神適当(浅野)と、正義感と上昇志向が強い腹黒刑事・羽生虎夫(神木)という凸凹バディーがさまざまな事件を解決していくさまを描く。

 民放ドラマ初主演を果たすも、「意外と適当」という浅野は、すでに2話の撮影に入っているにもかかわらず「(役を)模索中です」「(適当(ゆきまさ)という名前を)何て読むんだろうと思いながらインタビューに答えていました」とぶっちゃけると、弓神にも適当でだらしない一面があることから「ぴったりの役をいただいた」と満足げ。そして、「神木くんがいなかったらどうにもならない。神木くんだけでやってくれたらいいのに」とこぼすと、本作のPR活動も神木に任せきりで、宣伝文句もほぼ全てを神木に読んでもらっていることも打ち明けた。神木は「否定はできない」と苦笑いすると、「この間、一文字しかしゃべってくれなかった」とぼやいた。

[PR]

 そんな大先輩のいい加減な態度に呆れ顔を見せる神木だが、スーツを着こなし、「カッコい~!」とファンから黄色い歓声をもらうと、「うれしいですね。スーツを着ただけで褒められるなんて」とにっこり。初の刑事役については「毎日が大変。体力もそうですし、言い慣れない言葉ばかりセリフにあるので難しいし、刑事さんって本当に大変だなと実感しながら撮影しています」と苦労をにじませていた。(取材:錦怜那)

連続ドラマ「刑事ゆがみ」は10月12日より毎週木曜午後10時~フジテレビ系で放送(初回15分拡大)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]