関ジャニ∞丸山隆平、着ぐるみでファンをもてなし「職を失ってもバイトできそう」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
イベントで丸山との仲良しエピソードを明かした恋人役の高畑充希

 関ジャニ∞丸山隆平が2日、TOHOシネマズ日本橋で行われた単独初主演映画『泥棒役者』公開直前イベントに出席し、劇中に登場する絵本のキャラクターであるタマの着ぐるみのなかに入り、ファンをもてなした。イベントスタート前から着ぐるみが登場していたため、中の人が丸山だと思っていないファンからは、タマの頭を外し、中から丸山が登場すると悲鳴に近い歓声が上がった。本イベントには、市村正親石橋杏奈高畑充希ユースケ・サンタマリア西田征史監督も登壇した。

【画像】『泥棒役者』公開直前イベント登壇キャスト

 本作は、連続テレビ小説「とと姉ちゃん」などの人気脚本家の西田が、2006年に自身が手掛けた同名舞台を映画化したもの。過去に泥棒家業を行っていたが、いまは更生して真面目に生きていた大貫はじめ(丸山)が、昔の泥棒仲間で偶然再会し、再度泥棒の片棒を担ぐことになってしまったことから巻き起こる騒動を描いたコメディー作品。

[PR]

 思いのほか着ぐるみの中が暑かったのか、丸山は汗びっしょりになっていたが「ライブ感が大事なのでこのまま行きましょう。コンサートはこれ以上に汗かきますから」と笑顔を見せ、着ぐるみが丸山であることにほとんどの観客が気づかなかったことについて、「職を失ってもバイトできそうですね」と語って客席の笑いを誘う。

 その後も、下半身は着ぐるみのままのため、汗が止まらないが「いろいろな人に夢を見ていただく仕事なので、見えないものを見せる、僕の心の中のタマを見せられたのかなと思います」と語ると、「『丸ちゃん可愛い』より『タマ可愛い』という歓声のほうがうれしかった」と貴重な経験だったことを明かしていた。

 そんな丸山の恋人役として撮影に臨んだ高畑は「ほぼ初対面に近かったですよね」と語ると「わたしは2日間の撮影しかなかったのですが、最初から手を繋いでコロッケを食べさせるみたいなシーンを撮ったり、『アーン』ってやるシーンがあったりしましたね」と丸山と共に撮影を振り返る。そんな仲睦まじい雰囲気に会場からは「キャー」という声が上がり、高畑は「ごめんなさい!」と頭を下げていた。

 さらに丸山との共演の感想を問われた高畑は「大阪のバラエティー番組で初めてお会いしたとき、丸山さんめっちゃぶっ飛んでいたので、会話が成立しなかったらどうしようって思っていたのですが、実際お会いしたら、紳士的で気を使ってくださり、うまくコミュニケーションが取れました」と感謝していた。(磯部正和)

映画『泥棒役者』は11月18日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]