生田斗真、クドカン大河に出演決定!“身体づくり”宣言

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
豪華キャストずら~っ

 オリンピックを題材に宮藤官九郎のオリジナル脚本で制作される2019年放送のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の出演者発表会見が1日、NHK放送センターで行われ、オリンピックに初めて参加した日本人であるマラソンランナーの金栗四三の盟友・三島弥彦役で生田斗真が出演することが発表された。

【写真】豪華キャスト勢ぞろい!会見の様子

 大河ドラマとしては33年ぶりに近現代を舞台とし、1912年に日本がオリンピックに初参加してから、1964年に東京オリンピックが開催されるまでの激動の52年間を、歴史に翻弄(ほんろう)されたスポーツマンたちの姿を通して描く本作。会見には、ダブル主演を務める中村勘九郎阿部サダヲも登壇した。

[PR]

 出演者としてこの日発表されたのは綾瀬はるか大竹しのぶ中村獅童、生田斗真、竹野内豊役所広司杉本哲太杉咲花永山絢斗勝地涼古舘寛治ピエール瀧シャーロット・ケイト・フォックス古今亭志ん生(語り)の14人。

 生田は「代表選手に選ばれたというような気持ちでいっぱい」と感激の表情を浮かべ、「宮藤さんの作品に出る時は裸にさせられることが多くて……。今回も裸になる予定がございます」と恥ずかしそうに明かすと、「お茶の間のみなさんに恥ずかしくない、よい身体づくりをしていきたいです」と意気込む。そして「スポーツ万能という設定なので、走る練習もしていきたい」とも話した。

 また、金栗四三の妻・春野スヤを演じる綾瀬は「非常にわくわくしています。以前大河ドラマに出演させてもらった時に朝の撮影がNHKの職員さんと同じ時間で、職員さんになった気分で密かに楽しみだったのを思い出します。頑張ります」としみじみ。ストックホルムオリンピック日本選手団監督役の竹野内も17年ぶりの大河ドラマだといい、こちらも感慨深げに「(演じる)大森兵蔵は今思うととにかく先を行っていた方。その辺りのことも楽しみに演じていきたいです」とコメント。

[PR]

 シャーロットは、NHK連続テレビ小説「マッサン」で外国人として朝ドラ史上初めてヒロインを演じ話題となり、今回の大河ドラマ出演で再び話題を呼びそう。スピーチはすべて日本語で行い、「またNHKで仕事ができてうれしいです。わたしの大好きな日本で行われるオリンピック、パラリンピックを応援するものになります。日本のみなさん、いつもわたしに愛と勇気をくれて本当にありがとうございます」と感謝を述べた。

 ずらりと並んだ豪華な登壇者に勘九郎は「さすが大河。この豪華なメンバーときっと楽しく撮影ができると思います」とにっこり。阿部も「新しい面白い大河が出来れば」と気持ちを引き締めていた。(取材・文:名鹿祥史)

大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」は2019年1月よりNHKで放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]