シネマトゥデイ

「イタキス」古川雄輝&矢作穂香コンビ再び!2年ぶりの共演

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
古川雄輝(左)とは「イタキス」で共演、新木優子(右)とは「non-no」モデル仲間だった矢作穂香(中央) - (C)テレビ朝日

 2013年から2015年にかけて放送されたラブコメ「イタズラなKiss~Love in TOKYO」の入江直樹&相原琴子役で人気を博した古川雄輝矢作穂香が、10日に放送される連続ドラマ「重要参考人探偵」(毎週金曜夜11:15~・テレビ朝日系)で約2年ぶりに共演することが明らかになった。

【写真】もう一組の「イタキス」2ショット

 「重要参考人探偵」は、なぜかいつも死体の第一発見者になり重要参考人となってしまう主人公・圭(玉森裕太)が、モデル仲間の斎(小山慶一郎)、シモン(古川)らとともに事件を解決していく痛快ミステリー。第4話では、圭が孤島の洋館を舞台にしたミステリー仕立ての舞台に“一番初めに殺される男”として出演。圭にとって記念すべき初舞台となるはずが、主演男優が何者かに殺され………。矢作のほか、雛形あきこが主演男優と交際していたベテラン女優・栞、福田悠太ふぉ~ゆ~)が主演男優・黒井役としてゲスト出演する。

[PR]

たまたま舞台を見に来ていたシモン(古川・左)の調査により、ベテラン女優(雛形あきこ・右)が主演男優(福田悠太)と交際していたことが発覚する……(C)テレビ朝日

 矢作が演じるのは、アイドルグループのセンターを務めるルナ。開演直前、セットの裏で黒井と言い争っていたという設定だ。多田かおる原作の「イタズラなKiss」では、古川演じるIQ200のツンデレな天才イケメン・入江直樹に翻弄されるヒロイン、相原琴子を好演していた。矢作は、古川との再会に「以前共演した作品でもそうでしたが、常に作品・役に真摯に取り組んでいて、その姿を久しぶりに拝見して、懐かしさと共にとても刺激を受けました」とコメントを寄せている。

 一方、「矢作さんは相変わらず元気な明るい子で、変わってないなぁと思いました。ただ、お互い歳はとりましたね。初めて会った当時、彼女は15歳だったのが今はハタチ。大人の女性になったな、という印象です」と成長した矢作の印象を述べる古川。「役柄や関係性が以前との共演とは全く違います。僕は以前はクールな役柄だったのですが、今はテンション高めな役柄。あまりにも違うので、矢作さんの方が違和感を覚えたかもしれませんね(笑)。ドラマの撮影当時からすごく仲が良かったので、今回久々に会っても仲良く楽しい現場を過ごすことができました」と矢作との変わらない仲の良さに触れた。

[PR]

 なお、警視庁捜査一課の刑事で、圭の大学時代の元カノ・果林役としてレギュラー出演している新木優子と矢作は、かつて同時期に「non-no」モデルとして活躍。矢作と約3年ぶりに再会した新木は、「ドラマでご一緒するのは初めてですが、ほのちゃんと古川さんがやっていたドラマ『イタズラなKiss』がすごく好きだったので、そのふたりが一緒にお芝居をしている空間に自分もいられるということがすごく嬉しい!」と感無量の様子だ。(編集部・石井百合子)

金曜ナイトドラマ「重要参考人探偵」は毎週金曜、夜11:15~0:15、テレビ朝日系24局にて放送(一部地域で放送時間が異なります)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]