オダギリジョー、太賀は「役者にしとくのもったいない」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
冨永昌敬監督、太賀、臼田あさ美、オダギリジョー

 オダギリジョーが11日、都内で行われた映画『南瓜とマヨネーズ』の初日舞台あいさつにキャストの臼田あさ美太賀、そして冨永昌敬監督と共に出席し、太賀のある才能に太鼓判を押した。

太賀の弾き語りも!フォトギャラリー

 魚喃キリコによる同名漫画を実写化した本作は、生活費を稼ぐため密かにキャバクラで働くツチダ(臼田)が、プロのミュージシャンを目指している恋人・せいいち(太賀)と、自由奔放で女好きな元カレ・ハギオ(オダギリ)の間で揺れ動くさまを描くラブストーリー。

[PR]

 オダギリは臼田がお気に入りとして挙げた「ツチダ、せいいち、ハギオが鉢合わせするシーン」について、「確か二日酔いで、朝からお茶をがぶがぶ飲んでいたという記憶がまずありまして(笑)。そんな時に太賀くんがギターを弾いて部屋の隅っこで待っていて、『おお、すげーな』と思いましたね。ギター弾いて楽屋で待つって、すごくないですか!?」と笑顔で述懐。「役のためだから、今から考えたら誠実な行為だと思うんですけど、その日は驚きましたね」と語った。

 自身が音楽に取り組んでいたこともあり、せいいちに感情移入したというオダギリは「まさに自分がああいうタイプだったし、未だにああいうところが抜けなくて。本当に、自分の姿を見せられているような感覚でもありました」としみじみ。また「(自分の中に)ハギオの面がないとも言えないし(笑)、自分の中にあるいろいろなポイントをくすぐられるというか、そんないい青春映画だなと思いました」と映画の魅力を表現した。

 舞台あいさつでは、劇中歌を太賀がギターの弾き語りで披露する一幕も。演奏を聞いた臼田は「ピュアで真っすぐで、その良さはあの時も(撮影でも)思ったし、今日もやっぱりあるなって」とニッコリ。オダギリは「すごいなとあらためて思いましたね。普通、あんなギターうまくないし、役者なんてね。あんなきれいな歌声出せないし、いやあ、役者にしとくのもったいないんじゃないかな」と感心していた。(岸豊)

映画『南瓜とマヨネーズ』は公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]