佐藤健、土屋太鳳の「健先輩」に赤面

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
佐藤健と土屋太鳳

 俳優の佐藤健が16日、都内で行われた映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』完成披露試写会に土屋太鳳と登壇。突然、土屋から「健先輩!」と呼ばれた佐藤は顔を赤らめて恥ずかしがった。この日は、薬師丸ひろ子杉本哲太北村一輝浜野謙太中村ゆり瀬々敬久監督も来場した。

【写真】破壊力ばつぐん!佐藤健の笑顔

 本作は、岡山県に実在するカップルに起こった奇跡をベースにしたラブロマンス。結婚式の直前に病で昏睡(こんすい)状態に陥り、回復するも相手の記憶をなくした麻衣(土屋)と、それでも彼女を愛し続けた尚志(佐藤)の8年の軌跡を追う。

[PR]

 佐藤は尚志役について「僕にない魅力をお持ちで、具体的に言うとずっとニコニコされているような、笑顔が素敵な方。僕はあんまり笑わなかったり、笑うのが苦手で。そういう(笑う)芝居には苦手意識があったので、そこがハードルでした」と吐露。しかし、土屋は隣で不思議そうな顔をしており、その理由を説明しようと「健先輩!」と口にすると、学園ものの映画ではないこともあり、呼び間違えたのかと思った観客からは笑いが起きた。

 すると土屋は、映画『るろうに剣心』で共演して以来「健先輩」と呼んでいることを説明し、「健先輩はちゃんとすごく笑われる方。でも尚志さんも笑顔が素敵な方だから、尚志さんの笑顔と健先輩の笑顔があわさったら最高だと思います」とニッコリ。そんな土屋のピュアな思いを佐藤が顔を赤らめながら恥ずかしそうに聞いていると、土屋は「全然フォローになっていなくてごめんなさい」と可愛く謝罪。佐藤は「ありがとうございます」と受け取るも、「苦手意識があるのは本当で、カメラを向けられて笑ってと言われると本当に困っちゃう。だからこの後のフォトセッションではすみません、先に言っときますがあまり笑えないです。頑張りますけど」と報道陣に断りを入れ、会場の笑いを誘った。

[PR]
豪華な登壇者たち

 この日は佐藤が土屋に「奇跡」の花言葉を持つ青いバラとダイヤモンドリリーで作られた花冠をプレゼントする場面も。ダイヤモンドリリーの花言葉は「幸せな思い出・忍耐・箱入り娘」で、佐藤は「土屋さんしか思い浮かばない。ぴったりなんじゃないかな」と満足気。花冠を頭に乗せてもらった土屋は「幸せ者です」と喜びを噛みしめると、「病気のシーンでは体重のコントロールが必要だったんですが(佐藤が)常に気にかけてくれて、試合に臨むボクサーとコーチのような気持ちでした」と撮影時を回顧した。さらに、真摯に役に向き合わせてくれた佐藤をはじめとした全スタッフ・キャストに感謝し、「忍耐……気合だけは負けないように、これからも人生を生きていきたいと思います」と力を込めた。(取材:錦怜那)

映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』は12月16日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]