健太郎&山田裕貴、超密着でガン飛ばす!気合のヤンキー歩き披露

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
近い近い! 健太郎と山田裕貴

 俳優の健太郎山田裕貴が21日、都内で行われた映画『デメキン』の完成披露上映会に出席。赤髪リーゼントの血気盛んなヤンキーを熱演した健太郎はこの日、山田を巻き込んで、劇中さながらのヤンキー歩きを披露。山田とすれ違いざまに肩がぶつかり合うと、超近距離でガンを飛ばし合い「おまえ何中(中学校)じゃ!」「舞台あいさつ中じゃ!」とやり合ってみせ、客席を笑いに包んだ。この日は、原作の自伝小説・コミックを手掛けたお笑い芸人・佐田正樹バッドボーイズ)、柳俊太郎山口義高監督、主題歌を担当したロックバンド LEGO BIG MORLカナタタケヒロタナカヒロキも登壇した。

【画像】健太郎&山田裕貴がヤンキー歩き!

 本作が映画初主演となる健太郎は「気合だけは誰にも負けないように現場に入りました」といい、「アクションに限らず、つらかったことは何もなかった。楽しむことを第一にやっていました。苦労した点もないです」ときっぱり。

[PR]

 そんな健太郎について佐田は「健太郎君とはじめて会ったときはまだ未成年だった。今、こんなに大人になったのかって感心する」と振り返ると、「作品の前と後では全然違う。大人になった」とその成長を絶賛。「役者としてもすごく研究熱心で、僕の話し方や歩き方まで研究してくれた。後輩がみんな俺に見えたって」と嬉しそうに明かし、「この作品はノンフィクションですが、主演がイケメンなところだけはフィクションです」と笑みを浮かべた。

健太郎と山田裕貴、息ぴったりの舞台あいさつ中じゃ!?

 一方の山田も「今までやってきた中で一番熱い男役ができた」と断言。「佐田さんが生きた人生を僕たちが変わりに生きる。そういうものを背負いながら、いかにお芝居をしないでその役を生きるかというのを大切に演じました」とコメント。親友役を務めた健太郎との相性もぴったりだったといい、「(撮影中)健太郎が俺の太ももで寝ていたりとか、おなかの上で寝ていたりした。健太郎に限らずみんな本当に仲が良くて……。撮影が終わっても、またみんなに会いたいと思えるのは素晴らしいことです」と感慨深げに語っていた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『デメキン』は12月2日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]