性的暴行疑惑の「プリズン・ブレイク」ティーバッグ俳優、レギュラー番組の降板なし

「iゾンビ」のレギュラー出演を続けるロバート・ネッパー
「iゾンビ」のレギュラー出演を続けるロバート・ネッパー - Michael Tran / FilmMagic / Getty Images

 米テレビドラマ「プリズン・ブレイク」のティーバッグ役で知られるロバート・ネッパーが、5人の女性から性的暴行で告発されながらも、レギュラー出演している「iゾンビ」を続けることになったと The Wrap などが報じた。

ゾンビが脳みそ食べて事件解決!「iゾンビ」写真

 ワーナーブラザースTVのスポークスマンは声明で「ロバート・ネッパーに対する疑惑について深く憂慮しました。内部調査で『iゾンビ』のキャストとスタッフに聞き取りを行った結果、番組の撮影現場で不正行為が行われた形跡はありませんでした」と述べている。

[PR]

 ロバートを告発した女性たちは、いずれも「iゾンビ」の関係者ではなかったというが、先日「The Ranch ザ・ランチ」を同じ疑惑でクビになったダニー・マスターソンを告発した女性たちも番組関係者ではなく、過去にダニーと関わりのあった人物たちだった。今回の残留の理由付けにネットでは「自分の番組で起きていなければいいのか」という意見がある一方、疑惑=クビという道をすぐには選択しなかったワーナーブラザースTVを褒めている人たちもいる。

 疑惑についてロバートは声明で「告発をされたというだけで努力をして築いてきたキャリアが失われる世の中になった。僕に対する疑惑はすべてうそであることを繰り返し言いたい」と述べ、無罪の推定、適正な法の手続き、証拠の再検証などのステップがすべて消えてメディアが裁判官と陪審員の両方を務めていると嘆いていた。(澤田理沙)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]