シネマトゥデイ

斉藤由貴、久しぶり公の場 不倫騒動には触れず

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
報道陣の前には約4か月ぶり登場となった斉藤由貴

 女優の斉藤由貴が23日、都内で行われた映画『リベンジgirl』初日舞台あいさつに登壇。斉藤は50代医師との不倫交際が報じられ、8月3日に謝罪会見を開いて以来、約4か月ぶりに報道陣の前に姿を見せたが、「今年一年はどんな年でしたか?」や「家庭は大丈夫ですか?」などの質問には無言。ファンの声援には笑顔で応えていた。舞台あいさつには桐谷美玲鈴木伸之馬場ふみか清原翔竹内愛紗三木康一郎監督も出席した。

【写真】 桐谷美玲、真っ赤なドレス姿が美しい!

 本作は、東大首席で、ミスコンでは優勝するなど才色兼備だが性格ブスの宝石美輝(桐谷)が、こっぴどく男性に振られたことから、総理大臣を目指して選挙活動をする姿を描いたコメディー。

[PR]

 斉藤は有能な政治秘書・如月凪子を演じたが「正直申し上げますと、年々セリフ覚えが悪くなってきており、若い皆さんの足を引っ張らないように心がける毎日でした」と撮影を振り返るも、三木監督は「若いときから大好きで、現場に現われたときは『本物なのか』と思ったぐらい。いまでもニセモノじゃないかと疑っています」とベタ惚れの様子。

 若いキャストがそろった現場だが、斉藤は「桐谷さんが演じた美輝という役は、台本を読んで非常に難しいと感じた役柄。演じる上で葛藤があったと思いますが、懸命にチャレンジする姿は、華奢で美しい部分が強調されていますが、根底にある根性がすばらしいと思いました。眼福です」と桐谷を絶賛した。

 そんな桐谷も、先日、俳優の三浦翔平との交際が一部週刊誌にて報じられ、報道陣が多数詰め掛けたが、報道に触れることはなく「クリスマスが近く、初日なので華やかな感じで」と真っ赤なドレスで登場した理由を語ると「非常に短い撮影期間で、とても大変でしたが、そのぶん思い出に残る作品になりました。頑張る一人の女の子の成長を描いた物語。作品を観て『明日から頑張ろう』とか一歩踏み出してみようと思っていただけたら嬉しいです」と作品をアピールしていた。(磯部正和)

映画『リベンジgirl』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]