『キングスマン』マーク・ストロング、DC映画シャザムの悪役に!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
マーク・ストロングが再びDC悪役に!(画像は『キングスマン:ゴールデン・サークル』より) - Twentieth Century Fox Film Corporation / Photofest / ゲッティ イメージズ

 映画『キングスマン』シリーズの教官兼メカ担当マーリン役で知られるマーク・ストロングが、DC映画『シャザム!(原題) / Shazam!』の悪役を務めることが明らかになった。The Wrapなどが報じた。

シャザム役のザカリー【写真】

 少年ビリー・バットソンが「シャザム!」と唱えることで大人のスーパーヒーローに変身し、活躍するさまを描く本作。人気海外ドラマ「CHUCK/チャック」「HEROES Reborn/ヒーローズ・リボーン」や、『マイティ・ソー』シリーズ(第1弾を除く)のウォリアーズ・スリーの一人、ファンドラルを演じたザカリー・リーヴァイがシャザム役に決まっていた。

 そして今回、悪役を務めるマークは「僕はドクター・シヴァナという最低な野郎を演じるんだ。悪役は演じるのに最高なキャラクターだよ、とても面白いんだ」と役名を明かしつつ、意欲を示した。マークがDC映画の悪役を演じるのは2度目のことであり、2011年の映画『グリーン・ランタン』ではシネストロ役を務めていた。マークによると、本作は「笑える映画」になるそうで、トム・ハンクス主演のコメディー映画『ビッグ』(1988)やNetflixの人気ドラマシリーズ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」といった作風に近いとのこと。『アナベル 死霊人形の誕生』のデヴィッド・F・サンドバーグ監督がメガホンを取り、2018年2月にも撮影が開始されるという。2019年4月5日の全米公開予定。(編集部・石神恵美子)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]