『パディントン2』米大手映画批評サイトで歴代最高の評価!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
サンキューベリマッチ! - 映画『パディントン2』よりヒュー・グラントとパディントン - (C) 2017 STUDIOCANAL S.A.S All Rights Reserved.

 映画『パディントン2』(日本でも公開中)が、アメリカの大手映画批評サイト・ロッテントマトで史上最も高く評価された作品となった。

【画像】かわいすぎる…刑務所のコックさん姿のパディントン

 ロッテントマトは、映画評論家によるレビューを集約したサイト。映画ごとに「肯定的な意見」と「否定的な意見」の数を集計しており、最高評価は「(支持率)100%」となる。これまでは163件あるレビュー全てが好評だった『トイ・ストーリー2』が100%で最高スコアをマークしていたが、『パディントン2』は165件あるレビューが全て好評での100%を記録した(現地時間18日時点)。

[PR]

 この快挙にメガホンを取ったポール・キング監督は「『パディントン』シリーズは本当に好きだからした仕事なんです。たくさんの人たちが何か月にも何年にもわたって心を込め、最後のフレームまで丹精込めて作った作品で、僕たちは皆、こんなにポジティブな反響をいただけて本当に感謝しています」と喜びのコメント。「言葉を話す動物の映画がそんなにいいのか、(キャストの)ヒュー・グラントは修道女の恰好をしていてもすごくハンサムに見えるのかどうかを、皆さんが映画館に行って確かめたいと思ってもらえたらと願っています」とユーモアたっぷりに期待を寄せた。

 『パディントン2』で描かれるのは、ブラウン一家とのロンドンでの生活にも慣れたパディントンの姿。おばの誕生日にすてきな飛び出す絵本をプレゼントしたいと考えたパディントンはたくさんのアルバイトに打ち込むが、この絵本がきっかけで強盗容疑をかけられ刑務所に入れられてしまい……。変装上手な落ち目の俳優役のヒュー・グラントも素晴らしく、エモーショナルなユーモアが全編を貫いた、信じられないほど美しくて温かい作品となっている。

 ちなみに、昨年11月には賞レースで存在感を見せているシアーシャ・ローナン主演ドラマ『レディ・バード』が『トイ・ストーリー2』を抜いて最高スコアとなったが、その後否定的なレビューが1件追加されてしまったため、現在は99%の支持率となっている。(編集部・市川遥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]