竹野内豊、テレ東ドラマ初主演!在京キー局の主演全制覇

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
竹野内豊が記者役を熱演 - (C)テレビ東京

 俳優の竹野内豊が、2018年春に放送されるテレビ東京系のドラマ「ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実」でテレビ東京のドラマ初主演を飾ることになった。これにより竹野内は、在京キー局のドラマ主演をすべて制覇したことになるという。

【画像】クドカン大河への出演も決定している竹野内豊

 本作は、元新聞記者である著者が新聞社のリアルな内幕を描いた社会派エンターテインメント作。第38回吉川英治文学新人賞を受賞した本城雅人の小説「ミッドナイト・ジャーナル」を原作に、世間を震撼させた女児誘拐事件で誤報を打ち飛ばされた事件記者たちが、7年越しで凶悪事件の犯人を追いつめるため、真実を求めて奮闘するさまが描かれる。

[PR]

 これまで数々の人気ドラマや映画に出演してきた竹野内だが、新聞記者を演じるのはこれが初。彼は「テレビ東京のドラマに出演するのは初めてですが、いつも、何かを考えさせられる挑戦的な作品を数多く創られている印象がありました。そこにわたしも参加させて頂けた事はとても光栄なことです」と意気込んでいる。

 監督は映画『半落ち』『ツレがうつになりまして。』などの佐々部清。脚本はドラマ「マッサン」「黒革の手帖」などの羽原大介が手掛ける。(編集部・井本早紀)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]