松平健が佐々木小次郎役!武蔵描く新作映画で

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
圧巻の太刀さばきに期待! - 松平健

 テレビドラマ「暴れん坊将軍」の徳川吉宗役やヒット曲「マツケンサンバII」などで知られる俳優の松平健が、剣豪・宮本武蔵をえがく新作映画『武蔵-むさし-』(2019年初夏公開)で、武蔵の宿敵・佐々木小次郎を演じることが明らかになった。松平は「今まで見たことのない佐々木小次郎をお見せいたします」とコメントを発表している。

【写真】激しい…!サンバを踊る松平健

 『蠢動 -しゅんどう-』(2013)などの三上康雄監督がメガホンを取る本作は、日本だけでなく世界でも有名な大剣豪・武蔵を史実に基づくオリジナルストーリーとして映し出す作品。若き武蔵と老境に達して剣を極めた小次郎の二人が物語の軸となる。

[PR]

 松平は「今作でも武蔵対小次郎の舟島での決闘はクライマックスの最大の見せ場となります」と紹介しつつ、「単に武蔵と剣を交えるだけでなく、そこに至るまでに小次郎が思い続けた戦の度に多くの民が亡くなる時代は終わらせ、民への幸せを願い立ち上がった一人の男の生きざまをご覧いただきたい」とメッセージを送っている。

武蔵役は細田善彦

 主人公の武蔵役を務めるのは今回が映画初主演となる『クリアネス』『闇金ぐれんたい』などの細田善彦。細田は「これまで何人もの名優の方々が演じてきた武蔵を映画初の主役を演じる機会をいただけて、光栄であると同時に身が引き締まる思いです」とし、「かつて巌流島で、武蔵が小次郎と最期の決闘を果たしたのは29歳の頃と言われています。図らずも同じ29歳の今、一所懸命に武蔵の成長物語に挑みます!」と意気込みを語っている。(編集部・海江田宗)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]