安藤サクラ「まんぷく」で朝ドラ初“ママさんヒロイン”!決断は家族の後押し

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
“ママさんヒロイン”誕生! - 安藤サクラ

 女優の安藤サクラが平成30年度後期の朝の連続テレビ小説「まんぷく」のヒロインに起用され、31日に都内で行われた発表会見に出席。出産後とあり最初はオファーを断ったそうだが、家族に背中を押されて出演を決めた経緯を語った。

【写真】会見でいろんなポーズを取る安藤サクラ

 オファーを受けた際は出産後にもかかわらず大阪での長期撮影となるために断ったと言い「相当覚悟を決めて、今日ここにやっと立てたという感じです」と会見に臨んだ安藤。オファーを受けたのは昨年10月。出産後は子どものために時間を過ごそうと思っていた矢先で、「とても悔しい気持ちになりました。朝ドラはあこがれていましたし、不思議なことにちょうどその朝『わろてんか』が始まって、子どもを抱いて見ながら『子どもも生まれたし、この世界にはご縁がなかったな』としみじみ思っていました」と思いを語った。

[PR]

 それでも、最初に夫の柄本佑に相談したところ励まされ、「『バカなふりして受けてみたら』と面白がって言ってくれて心が軽くなりましたし、『あさが来た』で大阪の朝ドラの現場を経験しているので、そういう意味でもいけるんじゃないかとアドバイスしてくれたのは心強かったです」と説明。その後、家族にも伝えると、父の奥田瑛二からは「これは挑戦じゃない、冒険だな。挑戦は途中でリタイアできるけど、冒険は途中でやめられないぞ」、義父の柄本明からも「そんなのやらないわけにはいかないだろう」と背中を押されて出演を決意した。

 発表までに時間がかかったが、「私はほかのヒロインの方より一回りくらい年上なので、人間ドッグを受けたり自分の体調もみて返事をさせていただいたので、すごく時間がかかってしまいました。そういう意味では、今はいざ出陣という気持ちです」と晴れやかな表情を見せた。会見中にはそういう経緯が胸にこみ上げたそうで、会見冒頭のあいさつではコメントをしながら「頭が真っ白になってしまいました」と言葉を失う一幕もあった。

 大阪での撮影には「子どもと一緒に行きます」と言い、「スタッフのみなさんがアットホームに迎えてくださって、わたしの娘に『みんなで育てましょう』『娘にとってもスペシャルな時間にしていきましょう』と言ってくださったのが心に響きました」と安心して大役に挑む心境も話した。

 本作は戦前から高度経済成長時代にかけての激動の時代を舞台に「インスタントラーメン」を生み出した夫婦の知られざる姿を描いた物語。安藤は明るくひたむきに生き抜いたヒロインの福子の18歳~50代くらいまでを幅広く演じていく。(取材・文:中村好伸)

連続テレビ小説「まんぷく」は10月1日より放送開始

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]