広瀬アリスの本音だった!?MEGUMIに「クソババァ」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「クソババァ」と言われたMEGUMIと言った広瀬アリス

 女優の広瀬アリスが3日、都内で行われた映画『巫女っちゃけん。』初日舞台あいさつにMEGUMIと共に登壇し、アドリブで「クソババァ」と言ったことを自ら暴露し、猛省した。イベントには、山口太幹原口あきまさリリー・フランキーグ・スーヨン監督らも登場した。

【写真】MEGUMIと一緒で楽しそうな広瀬アリス

 本作は夢も希望もなく父親(リリー)が宮司を務める神社で巫女のアルバイトをしているしわす(広瀬)が、口のきけない少年・健太(山口)と出会い、変化していく姿を描いたエンターテインメントムービー。

[PR]

 以前行われた舞台あいさつで健太の母親・美和を演じたMEGUMIを、アドリブで「ババァ」と呼んだことを謝罪していた広瀬。しかし、リリーはその話を蒸し返すと、「アドリブって本当に考えていることが出ますからね」とチクリ。MEGUMIも撮影を振り返り、「ババァって呼ばれてびっくりして、いい返しができなくて『バーカ』っていう謎の返しになった」と打ち明け、苦笑いした。

 すると広瀬は「『ババァ』のあとに『クソババァ』とも言っていた」と自ら暴露。アドリブとは言え、さすがに「うわぁと思って反省しました」と頭を下げるが、「『ババァ』と呼ばれてぼーっとしていた時に『クソババァ』も言っていたんだ……」と衝撃の事実に言葉を失うMEGUMI。とはいえ、最終的には「2回目はアドリブだと思って楽しんでください」と爽やかな笑顔を振りまき、大人の余裕を見せていた。

バチは外

 この日は、グ監督の小・中学校の同級生だという林芳正文部科学大臣が観客として来場しており、グ監督は「この映画が忖度いただけて、文科省推薦とかになりまして全国に広まることを望んでおります」と期待を寄せていた。(取材:錦怜那)

映画『巫女っちゃけん。』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]