「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」長編映画2019年11月公開!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ソニックが映画に! - (C)SEGA

 セガグループのグループ会社であるセガ・オブ・アメリカ(Sega of America, Inc.)が、人気ゲームシリーズ「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」の長編映画を米パラマウント・ピクチャーズと共同製作することが明らかになった。23日、株式会社セガホールディングスが発表した。

【画像】『シュガー・ラッシュ』にカメオ出演したソニック

 1991年にゲームソフト 「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」で誕生して以来、シリーズ累計販売本数は3億6,000万本を超え(ダウンロードを含む)、世界的な人気者となった超音速ハリネズミのソニックを主人公にした本作。実写と CG アニメーションを融合させたハイブリッド作品として製作され、2019年11月15日の北米公開を皮切りとして、全世界での公開が予定されている。

[PR]

 プロデューサーは『ワイルド・スピード』シリーズのニール・H・モリッツ、エグゼクティブプロデューサーは『デッドプール』のティム・ミラー監督、監督にはミラーと共にCG映像制作スタジオ「Blur Studio」で活躍してきたジェフ・フォーラーとそうそうたる面々が集結。企画/プロデュースおよび、 CGアニメーションパートの制作には、セガグループのマーザ・アニメーションプラネット株式会社も参画する。

 セガホールディングス代表取締役会長CEO里見治紀氏は「世界的な映画スタジオであるパラマウント・ピクチャーズ様とパートナーを組み、またこのような豪華なスタッフ陣により映画化されることを大変うれしく光栄に思っております」とコメント。「ゲームコンテンツは、日本から世界へと発信するエンタテインメントの中核を担ってまいりました。そして『ソニック』は、1作目の発売から26年に渡りその先頭を走り続け、現在も世界中の皆様にお楽しみ頂いております。今回の映画化は、全世界に向け『ソニック』の新たな魅力をお届けできる大きなチャンスだと考えています。世界中の皆様に楽しんでいただける作品にすべく取り組んでまいりますので、ぜひご期待ください」と意気込んだ。(編集部・市川遥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]