テロ事件から奇跡の生還!本人キャストが語るイーストウッド最新作メイキング

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
本当にテロを防いだ若者たち! アンソニー・サドラー、スペンサー・ストーンアレク・スカラトス - (c) 2018 Warner Bros. Entertainment Inc., Village Roadshow Films (BVI) Limited, RatPac-Dune Entertainment LLC

 名匠クリント・イーストウッド監督が、実際に起きたテロ事件を映画化した『15時17分、パリ行き』から、イーストウッド監督と、実際に事件を解決に導いた3人の主演俳優が本作について語る特別映像が公開された。

映画『15時17分、パリ行き』特別映像

 『アメリカン・スナイパー』『ハドソン川の奇跡』など、現実世界のヒーローを映画にしてきたイーストウッド監督が、再び実話を映画化。2015年8月21日、アムステルダム発パリ行きの特急列車内で554人の乗客を狙った無差別テロ襲撃事件の犯人に立ち向かった、3人の幼なじみのアメリカ人青年たちを描く。

[PR]

過去にない挑戦で話題を呼んだクリント・イーストウッド (c) 2018 Warner Bros. Entertainment Inc., Village Roadshow Films (BVI) Limited, RatPac-Dune Entertainment LLC

 俳優としても伝説的な存在であるイーストウッド監督は、映画化にあたり、本人たちを主演俳優に起用。当時、プライベートの旅行中に事件に遭遇した、米空軍兵スペンサー・ストーン、オレゴン州兵のアレク・スカラトス、大学生アンソニー・サドラー(当時)ら3人の若者は、テロを防いだことで英雄となり、さらに映画俳優としてスクリーンに刻まれる奇跡を成し遂げた。

 特別映像では、実際に事件が起きた高速列車タリスでの緊迫感溢れる本編とメイキングシーンが公開。本編シーンから、自動小銃を手にしたテロリストの恐怖が伝わってくる。勇敢にもこの犯人に立ち向かったスペンサーは「この映画を観て傍観者から踏み出してほしい。誰かが被害を受けていたら助ける。僕はそういう機会を得て、実行しただけだ」と謙虚にコメント。彼と共に犯人に向かったアレクが、「生還できたのは奇跡だ」と語ると、アンソニーは「僕らは団結できた。どんな人でも勇敢な行動ができる。それに気づいてほしい」と結んでいる。

[PR]

 またイーストウッド監督は、「幼馴染みの普通の男たちだ。危機に際し、素早く行動した。ごく普通の人間が偉業を成し遂げた」と3人を称賛。公開前のプレミアでは、ハリウッド映画として前代未聞の試みについて、「僕は多くの馬鹿げたことをトライするのに、充分な年齢で、充分に愚かなんだ」と語っている。87歳にして挑戦する心を失わない名匠の手腕にも注目だ。(編集部・入倉功一)

映画『15時17分、パリ行き』は3月1日より全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]