シネマトゥデイ

山崎賢人『羊と鋼の森』予告編!久石譲×辻井伸行がエンディングテーマ<コメント全文>

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
山崎賢人 - (C)2018「羊と鋼の森」製作委員会

 2016年「本屋大賞」を受賞した宮下奈都のベストセラー小説を山崎賢人を主演に迎えて実写映画化する『羊と鋼の森』の予告編映像が公開された。また、本作のエンディングテーマの作曲・編曲を久石譲、ピアノ演奏を辻井伸行が担当することもあわせて発表された。

【動画】美しい音楽…『羊と鋼の森』予告編

 本作はピアノの調律のとりこになった一人の青年が調律師を志し、さまざまな人々との交流や、挫折を経験しながら成長していく成長物語。北海道の高校に通う外村(山崎)は調律師の板鳥(三浦友和)と出会い、ピアノの調律師として生きていくことを決意。板鳥がいる楽器店で働き始め、ピアノと繋がる多くの人たちと出会い、調律師としての自分を探し求めていく。

[PR]

 この度お披露目された予告編ではピアノの調律に真剣な眼差しで向き合う外村(山崎)の姿が映し出されるほか、ピアノに人生をかける様々な人物が登場。そして外村が悩み、葛藤しながら成長する映像とともに奏でられるピアノの旋律が、物語の美しさを昇華させている。(編集部・海江田宗)

久石譲、辻井伸行のコメントは下記の通り

<久石譲>
 ピアニストはいろいろなピアノに出会わなければならない。ピアノによってタッチがそれぞれすごく違います。調律師は求める音を表現してくれる、本当に大事な存在で、音は出さないけど立派な音楽家だと思います。
 そんな調律師を描いた原作を、オファーをいただく前に読ませていただきました。成長譚の美しくてとても良い話。だからこそ、綺麗なだけで終わらないように、映画の奥行を出せるように、シビアなミニマル的な部分とメロディアスな部分の交差する曲を作るように意識しました。
 その曲を辻井くんと一緒に作ることができて嬉しく思います。古典的なスタイルをとりつつ、現代的な曲を作ったのですが、見事に弾いてくれました。辻井くんは本当に素晴らしいピアニストで、特にリズム感が凄いです。無駄なものが無いきちんとしたリズム。これを活かしたいと思って指揮をしました。演奏をしていて、とても楽しかったです。辻井くんとはまた是非一緒に演奏させていただきたいですね。

<辻井伸行> 
 オファーをいただく前に原作を点字の本にして読んでいましたが、ピアノをやっている人なら皆さん興味のある話だと思います。曲にもたくさんのイメージがあったり、ピアノには壮大でカッコいいところがあったり、いろいろな面白いことがわかる素晴らしい物語です。そんな映画の演奏を、久石さんとご一緒させていただけたのは本当に光栄でした。久石さんの大ファンで、素晴らしい曲をずっと聴いていたので、本当に嬉しかったです。
 久石さんに楽譜をいただいた時に、どのような気持ちで作曲されたのか想像し、また映画のイメージを自分の中で膨らませて、できる限りのことをしようと思って練習し、本番に挑みました。お会いするまでは緊張しましたが、本当にお優しい方で、合わせやすく、またいろいろと勉強させていただきました。この曲は感動的で、美しく、弾いていて本当に楽しかったですし、収録があっという間でした。また是非ご一緒させていただきたいです。
 ピアノの調律師さんは僕にとってなくてはならない存在です。ピアニストは演奏するときは一人ですが、調律師さん、観客の皆さんと一緒にコンサートを作り上げていると思っています。
 国内外の様々な場所で調律師さんと出会うのですが、いろいろなタイプの調律師さん、そして会場のピアノと出会えるのは楽しいですね。

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]