山田杏奈&清水尋也、トラウマ漫画『ミスミソウ』実写化への思い

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
(左から)大谷凜香、清水尋也、山田杏奈、内藤瑛亮監督、タテタカコ

 映像化不可能と呼ばれてきたトラウマ漫画を実写化した『ミスミソウ』完成披露上映会が8日、新宿バルト9で行われ、山田杏奈清水尋也大谷凜香、主題歌を歌うタテタカコ内藤瑛亮監督らが出席、壮絶な作品に出演した思いを語った。

【写真】イラストに感激!キャスト陣

 壮絶ないじめを受けてきた少女の復讐を描き出した本作は、人気漫画家・押切蓮介の中でも1、2を争う代表作であり、押切作品としては初の実写化となる。主人公・野咲春花を演じた山田は、「わたしは原作を中学生の時に読んで、すごい話だなと思っていました。わたしはグロテスクな話やバッドエンドの物語が好きで。友だちに薦められて、共感したというよりは後味が悪いなと思いました」と述懐。

[PR]

 さらに「映画に主演するなんてもっと先のことだろうと思っていました」と語る山田は、「主演をいつかやると思っていて。キラキラした役なのかなと思ったら、キラキラとは真逆なお話。でも完成した作品を見せてもらって、今のわたしらしい作品だなと思い、大切な作品となりました」と笑顔に。内藤監督も「キラキラしてなくてごめんね」と呼びかけた。そんな内藤監督が見た山田の芝居については、「殴り殺すリアクションが良くて。もし殺されるならああいう感じで殺されたい」と付け加え、観客を沸かせた。

 一方、春花の心の支えとなる男子生徒・相場晄を演じた清水は、「最初に原作を読んだ時は、全体的にラブストーリーだなという感想だったので、グロテスクやバイオレンスな面もあるけど、根底にあるのは愛情だということを意識していました」とコメント。壮絶な作品ではあるが、撮影現場の様子を振り返った内藤監督が「清水君から相談があると言われて。キャメロン・ディアスと付き合うにはどうしたらいいですかねと言われた。あれからずっと、なんと答えれば良かったんだろうと、答えを探しているんだけど」と暴露するひと幕もあり、会場は大いに沸いた。

 そしてこの日は、本作のお披露目を記念して、原作者の押切の特別描き下ろしイラストを登壇者たちにサプライズで披露。雪のシーンを見学に行った押切だったが、その時に「サインをください」とキャスト陣が快く迎えてくれたのがとてもうれしかったそう。しかし、完成した作品を観た時に、その時の役者陣とまったく違う存在感で映っており、「役者ってすごいな」と感じたという。そんなリスペクトの思いを込めて描いたというイラストに、登壇者みんなが感激した様子だった。(取材・文:壬生智裕)

映画『ミスミソウ』は4月7日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]