前田敦子、エッチな会話シーンに興味あり「楽しそうだなと」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
エッチなやり取りにも興味津々? 前田敦子

 女優の前田敦子が17日、テアトル新宿で行われた映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』の初日舞台あいさつに柄本佑三浦透子峯田和伸尾野真千子菊地成孔、原作者の末井昭冨永昌敬監督と共に出席した。壇上で「エロ雑誌編集長か、ストリーキング(全裸で公共の場を走ること)のどちらかを選ぶなら」というお題を投げかけられた前田は「末井さんが出されている雑誌は、おしゃれだったので……」と雑誌編集長を選ぶと、劇中、編集部でエッチな会話のやり取りをする電話のシーンに「ピンク電話は、(男の人を楽しませる)コツがあるようなので楽しそうだなと思いました」と発言して場内を沸かせていた。

【画像】過激な実話の映画化に実力派が集結!

 本作は、母親が隣家の若い男とダイナマイト心中したという過去を持つ稀代の編集者・末井昭がつづった同名エッセイの映画化作品。数々の伝説を持つ末井の笑いと狂乱に満ちた半生を、柄本祐主演で描く。

[PR]

 前田にとって「初めての経験が多かった」という本作。「冨永監督とご一緒するのも初めてですし、奥さん役というのも映画では初めてだと思う」と印象深い作品になったことを明かすが、夫役のモデルとなった末井のことも先日行なわれた完成披露イベントで“初めて”知ったと発言。続けて「舞台あいさつに立ったとき、一緒にいたのですが、誰だろうと思っていたんです」と照れくさそうに明かし、場内は爆笑に包まれた。

 末井の母親役として、ダイナマイトで吹っ飛ぶという斬新な役に挑んだ尾野は、司会者から「出演を迷わなかったか?」と質問されると「もちろん迷いました。過激なので……」と苦笑いを浮かべたが「台本の祐の言葉が過激でね」と自身の役柄ではなく、きわどい作品について躊躇があったことを明かす。

 そんな尾野だったが、前述の「エロ編集長か、ストリーキングか」という質問には、登壇者のなかで唯一「ストリーキング」を選択。場内がざわつくと「もちろん究極だからね。絶対できないでしょ? できないことだからどうせならやろうってことだからね!」とあわててフォローしていた。(磯部正和)

映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』は全国公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]