ムロツヨシ、幼少期は「悲壮感消す作業」していた

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
登壇者がぶっちゃけまくり!

 ユニバーサルスタジオとドリームワークスアニメーションが組んだ映画『ボス・ベイビー』の初日舞台あいさつが21日に都内で行われ、日本語吹き替え版で声優を務めるムロツヨシ芳根京子宮野真守乙葉石田明NON STYLE)、山寺宏一が登壇。ムロが「悲壮感を消す作業」をしていたという幼少期のエピソードを明かしたほか、登壇者それぞれが「それ、言っちゃっていいの?」というギリギリトークを繰り広げる爆笑イベントとなった。

【写真】宮野真守、めっちゃいい笑顔!

 まず口火を切ったのは山寺。ドリームワークス作品の大ヒット作『シュレック』のドンキー役としても知られる山寺は、同作の公開時(2001年)を振り返り「『シュレック』の先行上映会で舞台あいさつしたのですが、お客さんよりスタッフの方が多いって言われたんです。ドリームワークスのアニメには名作がたくさんあるのに、日本ではなかなかでした。でも今日こんなにたくさんのお客さんで、もう、どんどん上がって行く予感がします。あれ、スタッフ、ざわついてる?」と初日の喜びを早口でまくし立てた。

[PR]

 本作は、7歳のティムのもとに「体は赤ちゃん、中身はおっさん」のボス・ベイビーが、弟としてやって来たことから起こる騒動を描いたコメディー。ボス・ベイビー役をムロ、ティム役を芳根、ティム兄弟のパパとママ役を石田と乙葉、大人になったティム役を宮野、両親が務める会社のCEOフランシス役を山寺が務める。

 作品にちなんで、登壇者たちは「幼い頃、どんな子どもだったか」をテーマにトークを展開。石田が「とてつもなく暗かったので、友達がいなくて、独特の遊びをしてました。畳の目をただ数えたり、世界地図にアリをはわせて実況したり。親がすごく心配して、よくここまで持ち直したなって家族全員が言ってます」と明かすと、乙葉も「私も独特だったと思うんですが、学校から帰るとき、何回まばたきするか数えたり、どういうタイミングで息をすればいいか、悩んでいました」とシュールなエピソードを連発。ムロが「まばたきは何回だったの?」と聞くと「1,000回超えたら、疲れちゃって。それ以上は……」と答えた乙葉に「(エピソードを)一瞬で超えられた」と石田は悔しがった。

 幼少期について、ムロは「子どもの頃、親戚の家に預けられていたので、『僕は幸せです』って顔をずっとしている子でしたね。悲壮感を消す作業、悲壮感という言葉をなくしていく作業を、ずっとしていました。おかげで今がありますから、親戚には感謝してます」と告白。「マネージャーから『あんまり家族の話はしないで』って言われるけど、映画の初日はめでたいですから、どんどん言っていきましょうよ!」と舞台中央で大げさにポーズ。しかし最後に進行役から「それでは締めの言葉を」と求められると、ムロは「僕、主役が初めてだから、締めのあいさつも初めてで。もっと作品を背負った人間として、堂々と立ちたい」などと言いながら、グダグダになって時間切れ。終始、サービス満点のムロに、会場は爆笑となった。(取材/岸田智)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]