シネマトゥデイ

『Mr.インクレディブル』14年ぶり新作、三浦友和・黒木瞳・綾瀬はるか声優続投!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
日本語声優も帰ってくる! 三浦友和(ロバート・パー)、黒木瞳(ヘレン)、綾瀬はるか(ヴァイオレット) - (C)2018 Disney / Pixar. All Rights Reserved.

 人気アニメ『Mr.インクレディブル』(2004)の続編『インクレディブル・ファミリー』の日本語吹き替え声優を、三浦友和黒木瞳綾瀬はるか高田延彦ら14年前と同じキャストが担当することが明らかになった。

【映像】ボブがイクメン修行?『インクレディブル・ファミリー』特報

 『Mr.インクレディブル』は『レミーのおいしいレストラン』『アイアン・ジャイアント』のブラッド・バード監督が手掛けたディズニー/ピクサーの長編アニメ。全てのヒーローが引退した世界を舞台に、普通の暮らしになじめない元ナンバーワンヒーロー“Mr.インクレディブル”ことロバート・パー(通称:ボブ)と、スーパーパワーを持つ彼の家族の絆が描かれた。

[PR]

 14年ぶりの新作『インクレディブル・ファミリー』でもバード監督が続投。ボブを筆頭に、ゴムのような肉体を操るイラスティガールこと母のヘレン、自らを透明にして強固なバリアも張れる長女のヴァイオレット、超スピードを誇る長男のダッシュ、赤ん坊ながら未知のパワーを秘めた次男のジャック=ジャックらヒーロー一家が帰ってくる。

 再びボブを演じる三浦は、「まさか、あのインクレディブルな家族が帰ってきて、しかも、自分がまた声を担当させて頂けるとは思っていませんでした。今回は、赤ちゃんのジャック=ジャックのお世話などMr.インクレディブルが家事や育児に奮闘するようなので、イクメンヒーローとして頑張りたいと思っています!」と歓喜。ヘレン役の黒木も「前作は夫を支える妻でしたが、新作では私が演じるイラスティガールが家族の代表としてヒーローとして活躍するようなので、楽しみです! 今回は働くお母さん、働く女性の強さもお見せできるようアクションシーンも頑張りたいと思います」と意気込みを明かす。

高田延彦もアンダーマイナー役で再登板!(C)2018 Disney / Pixar. All Rights Reserved.

 また、1作目の公開時は成人前だった綾瀬は「多くのお客様に愛された作品に再び参加できることを嬉しく思っています。ヴァイオレット役、頑張ります!」と大喜び。ヒーローだけでなく、再び悪役アンダーマイナー役を務める高田も「『インクレディブル・ファミリー』出てこいやー!!」と気合たっぷりにコメントしている。(編集部・入倉功一)

映画『インクレディブル・ファミリー』は8月1日より全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]