シネマトゥデイ

Aqua Timez年内で解散「決意の朝に」「千の夜をこえて」など

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
年内解散を発表したAqua Timez(2008年撮影・mayuko、TASSHI、OKP-STAR、太志、大介) - Junko Kimura / Getty Images

 「虹」「決意の朝に」「千の夜をこえて」などのヒット曲で知られる5人組ロックバンド Aqua Timez が8日、2018年の活動をもって解散することをオフィシャルサイトで発表した。

 サイトでは、解散発表を受けてメンバー全員のメッセージを掲載。ボーカル担当の太志(ふとし)は、「僕たち Aqua Timez は2018年の活動をもって解散する道を選びました。メンバー全員で話しあった結論です。ごめんなさい」と説明。メンバーやファンへの思いをつづると共に「いつか歳を重ねてもみんなの口ずさむ曲がAqua Timezの曲だったらいいなぁってワガママを最後に残して、ほんとにありがとう」とメッセージを送っている。

 同バンドは2003年に結成。インディーズ、メジャーの双方でヒット曲を発表し、NHK紅白歌合戦にも二度出場。代表曲の「決意の朝に」はアニメーション映画『ブレイブ ストーリー』(2006)、「千の夜をこえて」は『劇場版BLEACH -ブリーチ- MEMORIES OF NOBODY』(2006)で使用されるなど、数多くの映画・アニメ・ドラマで主題歌を担当した。

 バンドは12日から全国ツアー「Present is a Present tour 2018」をスタート。所属事務所では、ツアー後に「最後の感謝の気持ちを込めてLIVEを行う準備をしております」と公式ブログで発表。「詳細は分かり次第、オフィシャルサイトにてご報告させて頂きます。完結の日を笑顔で迎えられる様、ご理解頂けます様、何卒宜しくお願い致します」としている。(編集部・入倉功一)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]