「シカゴ・ファイア」ドーソンが降板

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
「シカゴ・ファイア」シーズン6より - モニカ・レイモンド - Elizabeth Morris / NBC / NBCU Photo Bank via Getty Images

 第7シーズンが決まったばかりの米テレビドラマ「シカゴ・ファイア」から、ガブリエラ・“ギャビー”・ドーソン役のモニカ・レイモンドが降板することをTwitterで明らかにした。

【写真】「シカゴ・ファイア」より

 モニカは手書きのメモの写真をツイートし、番組を去ることを発表。「『シカゴ・ファイア』でドーソンを演じられたことは光栄で、人生で最も意味のある経験でした。これまでの旅路に感謝すると共に、ずっと観てくれたみなさんには特に感謝の気持ちでいっぱいです。でも、人生の次の章へと進む時だと決断しました」とつづっている。

 パイロット版から出演しているモニカは、第6シーズンで去るストーリーが用意されているが、キャラクターが死んでしまうわけではないので、いつかまたゲスト出演という形もあるかもしれない。ケイシー役のジェシー・スペンサー、セブライド役のテイラー・キニーは第6シーズン中に1年契約で出演を更新。ボーデン署長を演じているイーモン・ウォーカーも先日、契約を更新したとDeadlineは報じているが、ハーマン役のデヴィッド・エイゲンバーグがまだ交渉中だという。(澤田理沙)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]