シネマトゥデイ

安達祐実、金に困る役が多い 幸薄イメージに自虐

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
実際は幸せに生きています

 女優の安達祐実が26日、都内で行われた映画『ゼニガタ』(公開中)初日舞台あいさつに出席し、「昔からお金に困っているような役が多いんですよね」と、安達の代表作でもあるドラマ「家なき子」でのセリフ「同情するなら金をくれ!」を連想させる発言で、客席を沸かせた。本舞台あいさつには安達のほか、大谷亮平小林且弥渋川清彦綾部真弥監督も出席した。

大谷亮平、日本スクリーンデビュー!舞台あいさつの様子【写真】

 本作は、表向きは居酒屋だが、深夜0時を過ぎると闇金に変わる「ゼニガタ」を舞台に、トサン(10日で3割)という違法な金利に振り回される人々を描いたアウトローな物語。安達は脱サラで農業を始めたものの、予想以上に苦戦し、資金繰りに窮して闇金に金を借りにいくという役柄だ。

[PR]

 安達は、お金に困る役柄のオファーが多いことに「以前、友達になぜなのかなと聞いたら『不幸そうに見えるんだよ』と言われたんです。実際は幸せに生きているのですが、幸薄そうに見えるのかもしれませんね」と自虐的に笑う。そして、撮影では農業シーンもあるため、実際体験をしたという安達は「脱サラして農業というと悠々自適なのかなと思っていたのですが、土を耕すだけでも手首を捻挫するぐらいで、生半可な気持ちではできないと思いました」としみじみ語る。

撮影現場では、作品の性質上、私語は厳禁だったという

 一方、主演を務めた大谷は、連続ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」などで注目されたが、本作が映画初主演にして、日本映画のスクリーンデビュー作品となった。大谷は「とても感慨深いです」と笑みを浮かべると「闇金という役で、綾部監督からは『鉄の男』というキーワードをいただきました。渋川さんをはじめ、カリスマ的な俳優さんたちに圧倒されることが多かったのですが、ブレずに感情を押し殺す演技を心がけました」と撮影を振り返る。

 作品の性質上、私語は厳禁、常にピリピリした現場だったようで、兄弟を演じた大谷と小林は、安達とは現場でまったく会話がなかったという。小林は「安達さんは僕と同じ1981年生まれなのですが、この世代で最初にスターになった方だったので、こうして同じ舞台に立って話ができるのがうれしい」と笑顔を見せていた。

 大谷は「『ゼニガタ』というと、ある作品が思い浮かぶ方も多いかもしれませんが、こちらの作品も観ていただいて、心に残っていただけるとうれしいです」と客席に向かってメッセージを送った。(磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]