歴代戦隊ヒロイン集結!「新スーパーヒロイン図鑑」発売

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
写真左から長澤奈央 、幸(当時:西島未智)、菊地美香、別府あゆみ、山崎真実 - (C) 東映 (C) 2011 石森プロ・テレビ朝日・東映AG・東映

 東映の特撮ドラマ「スーパー戦隊」シリーズ10作品より、ヒロインが活躍するエピソードを選りすぐって収録した「新スーパーヒロイン図鑑 スーパー戦隊2002-2006編[ハリケンジャー-ボウケンジャー]」「新スーパーヒロイン図鑑 スーパー戦隊2007-2011編[ゲキレンジャー-ゴーカイジャー]」ブルーレイ2巻が、10月3日に発売されることが明らかになった。

戦隊ヒロインがママになった姿を描く「ヒーローママ★リーグ」も話題【写真】

 過去には、「スーパー戦隊」「仮面ライダー」シリーズなどのヒロインの活躍シーンを編集した「スーパーヒロイン図鑑1~4」DVDシリーズがリリースされている。その復刻版シリーズとして、ブルーレイ2タイトルが発売に。「忍風戦隊ハリケンジャー」(2002)から、「海賊戦隊ゴーカイジャー」(2011)までの10作品から、キャストや当時のプロデューサー陣の意見なども取り入れて、エピソードをセレクト。1タイトルにつき5話が収められる。

[PR]

 また、「伝説の『スーパー戦隊ヒロイン』座談会」と題した映像特典も収録される。「2002-2006編」では、「忍風戦隊ハリケンジャー」より長澤奈央(ハリケンブルー:野乃七海役)、「爆竜戦隊アバレンジャー」より(当時:西島未智/今中笑里役)、「特捜戦隊デカレンジャー」より菊地美香(デカピンク:胡堂小梅役)、「魔法戦隊マジレンジャー」より別府あゆみ(マジピンク:小津芳香役)、「轟轟戦隊ボウケンジャー」より山崎真実(風のシズカ役)が出演。

平田裕香、杉本有美、森田涼花、にわみきほ、小池唯 - (C) 東映 (C) 2011 石森プロ・テレビ朝日・東映AG・東映

 「2007-2011編」の座談会には、「獣拳戦隊ゲキレンジャー」より平田裕香(メレ役)、「炎神戦隊ゴーオンジャー」より杉本有美(ゴーオンシルバー:須塔美羽役)、「侍戦隊シンケンジャー」より森田涼花(シンケンイエロー:花織ことは役)、「天装戦隊ゴセイジャー」よりにわみきほ(ゴセイイエロー:モネ役)、「海賊戦隊ゴーカイジャー」より小池唯(ゴーカイピンク:アイム・ド・ファミーユ役)が登場する。各作品のヒロインキャストが集結し、当時の思い出話や、今だから話せるエピソードを存分に語るとあり、ファンにとってはたまらない企画となりそうだ。(編集部・小山美咲)

[PR]

<「2002-2006編」座談会キャストコメント>

長澤奈央:こういう形で、いろんな作品のキャストが集まって話す機会は滅多にないのですごく楽しかったよね。

菊地美香:もう、ただただ楽しかった。それに尽きますね(笑)。こうやって話してみると他の戦隊の良さにも気づくことができるので、みんなが出ている作品をまた観たくなりました。

長澤:この商品を買ってくれるファンの方も、それぞれ自分の推しの戦隊だったり、ヒロインがいると思うんですけど、他の作品も観て、全部を楽しんでほしいですね。

別府あゆみ:わたしはもう「みんなと会えてうれしい!」っていうのと、「みんな可愛い!」って、それだけ!(一同笑)

長澤:この座談会、別府先生がすごいです。観てくれたら、わかります(笑)。

菊地:今回、作品の年代順に並んで座ったけど、次の機会があるときは、(山崎)真実ちゃんと(別府)あゆみちゃんを逆にして、あゆみちゃんを端っこにしたほうが良いかもしれない(笑)。

山崎真実:わたしは悪役で、準レギュラーだったので、みなさんのお話を聞いていて、次の機会があれば、1年間ずっと出てみたいと思いました。最近はまた、グラビアもやり始めたので、セクシーなヒロインなんて、やってみたいですね。今度は悪役ではなく正義側で。

[PR]

幸(西島未智):このところ、いろいろな長寿番組が終わったりしている中で、ずっと続いている戦隊シリーズっていうのはやっぱりすごいですし、今回のような企画が成立するのも戦隊ならではのことですよね。みなさんと楽しく話せて、とても感動しましたし、これからもずっと戦隊シリーズに続いてほしいとあらためて思いました。

<「2007-2011編」キャスト座談会コメント>

にわみきほ:同じ作品に出ていたわけじゃないのに、こうやって話していると、本当にみなさんとは「仲間」なんだなって思えました。スタッフさんや、JAEのスーツアクターさんたちを通じて、知らず知らずのうちにつながっていたというか。

森田涼花:みなさんと会ってみたかったので、うれしかったですね。あらためて、自分にとって戦隊に出演した経験は宝物だなと思いました。

平田裕香:戦隊の現場で、1年かけて育てていただいて、かけがえのない仲間まで持つことが出来ました。これって、戦隊に出ていなければ分からなかったことなので、わたしたちはとてもラッキーだったんだなと。

杉本有美:厳しい面も当然ありますけど、戦隊を経験したから、他の現場でちょっとくらい大変なことがあっても、それが苦じゃないんですよね。それに、番組が終わっても、ファンの方が続けて応援してくださったり。歴史のあるシリーズの中で自分の演じた役の存在が残り続けるというのは、本当にうれしいです。

[PR]

小池唯:わたしはもともと保育士になりたかったくらい、子どもが好きなので、戦隊シリーズに出演して、ときどき子どもたちと触れ合えたことがとても幸せでした。

にわ:今もずっとシリーズが続いているというのが、やっぱりうれしいですね。毎週、日曜日の朝には、いちばん新しい戦隊ヒーローと会える。いずれ50代目の戦隊が登場するのかなと思ったら、ワクワクしますね。

杉本:話しているうちに、いろいろと思い出してきましたし、みんなの作品も観たくなりました。どのシリーズも50話くらいあるから、全部だと大変だけど……(笑)。

平田:ではこの後、お互いにオススメの話数を教え合いましょう。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]