「おっさんずラブ」田中圭&内田理央が副音声に降臨!視聴者の質問に回答

春田とちずの関係はどうなっていく!?

 おっさん同士のピュアな恋愛を描き話題沸騰中の連続ドラマ「おっさんずラブ」(毎週土曜・夜11時15分~テレビ朝日)で、副音声企画の第2弾が本日5月26日放送の第6話で実施される。主人公・春田創一を演じる田中圭と、春田の幼なじみ・荒井ちず役の内田理央が参戦し、監督陣も交えて計4人で貴重なトークを繰り広げる。

 「おっさんずラブ」は、女好きだけどモテない33歳の不動産営業マン・春田に、純粋すぎる乙女心を隠し持つ春田の上司・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)と、春田と同居しているドSな後輩・牧凌太(林遣都)が想いを寄せたことからさまざまな騒動が巻き起こる恋愛ドラマ。Twitterでは頻繁にトレンド入りし、吉田ふんする黒澤によるInstagramアカウント「武蔵の部屋」は40万フォロワー(5月26日10時時点)を突破するなど、人気を集めている。

 第2話で行われた前回の副音声では、田中と林がゆる~っとした仲良し談義に花を咲かせたが、今回も田中と林の仲良しエピソードを含め、聞き捨てならない裏話が次々と登場するという。監督陣からは、田中のアドリブから感じるパワーや、監督目線から見た出演者たちの魅力が明かされる。

[PR]

 また、初の試みとして、事前にTwitterで募集した「視聴者からの質問」にも回答。田中は「まさか視聴者の方から『好きなおにぎりの具』を質問されるとは思ってなくて面白かったし(笑)、皆さんの愛をたっぷり感じることができました」と驚きながらも喜んでいる。

 収録後、田中は「本当はもっとめちゃくちゃな感じで、ざっくばらんに話したかったんですけど、なぜか仕切り役を任されてしまったので(笑)、そこに徹してみました。皆さんには、僕たちのトークをおまけ程度で楽しんでいただけると、うれしいです」とメッセージ。今回初めてドラマの副音声に挑戦した内田は「ついつい本編に見入っちゃったりして、難しかったです」と明かす一方、「でも、4人で話せて楽しかったです! 圭さんがトークを回してくださる姿を見て、さすが座長だなって! すごく頼もしかったです!!」と笑顔を見せた。

 ドラマは第6話より最終章へと突入する。田中は「第6話はさらに波乱万丈で、体感スピードの速いお話になっています。衝撃的展開が待ってるので、楽しみにお待ちいただきたいです」と言うと、「最終回は《これが『おっさんずラブ』だ!》という回に仕上ると思います。僕も最後まで頑張ります!」と気合十分。内田は「第6話も心臓がもたないけど、第7話ももっとスゴい内容になっているので、皆さんにはタフな心臓で視聴に備えていただきたいです」とアドバイスを送った。(編集部・小松芙未)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]