佐藤健、綾瀬はるか主演ドラマ「義母と娘のブルース」に出演!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
佐藤健さわやか! - (C) TBS

 佐藤健が、7月スタートのドラマ「義母と娘のブルース」(TBS系・夜10時放送)に出演することが明らかになった。佐藤は、綾瀬はるか演じる主人公・亜希子の家族に大きな影響と被害を与える人物である麦田章を演じるという。

【写真】佐藤健、黒いスーツが似合う

 桜沢鈴の同名4コマ漫画をドラマ化した本作。キャリアウーマンの亜希子(綾瀬)が、娘を持つ男性・良一(竹野内豊)と結婚し、慣れない家事や育児に奮闘する日々を追った10年間の物語。満ち足りているときには気づかないような、当たり前の日常を義母と娘を通して描く。

[PR]

 佐藤は、なかなか目標が定まらず、物語の台風の目となる章役を務める。ドラマ「天皇の料理番」以来3年ぶりのTBSの連続ドラマへの出演となり、大ヒットしたドラマ「ROOKIES ルーキーズ」で共演した川村陽介とは9年ぶりに共演を果たす。佐藤は、「不器用だけど、とにかく真っ直ぐ一生懸命に生きる登場人物たちが、とても愛おしい魅力的なドラマです。視聴者のみなさまの背中を押せるような麦田章になれるよう全力で頑張ります」とコメントを寄せている。

 共演は、良一の娘(小学生)・みゆき役に6度のオーディションを経て277人の中から選ばれた横溝菜帆。亜希子の部下・田口朝正を浅利陽介、良一の上司・笠原廣之進を浅野和之、世話と噂好きの不動産屋・下山和子を麻生祐未が演じる。(編集部・梅山富美子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]