シネマトゥデイ

佐倉綾音が語る『あさがおと加瀬さん。』の魅力!原作ファンとして喜び

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
(左から)高橋未奈美、佐倉綾音、木戸衣吹

 アニメ映画『あさがおと加瀬さん。』の初日舞台あいさつが9日に都内で行われ、原作ファンだという佐倉綾音が、アニメ映画版の魅力を語った。

【動画】『あさがおと加瀬さん。』予告編

 女子高校生同士のピュアな恋と青春を描いた高嶋ひろみのコミック「加瀬さん。」シリーズをアニメ化した本作。イベントの進行役は、原作ファンで、本作にも声優として参加している落合福嗣が務め、加瀬友香役の佐倉のほか、山田結衣役の高橋未奈美、三河役の木戸衣吹が浴衣姿で登壇した。

[PR]

 満席の会場を見渡した高橋は「やっとこの日を迎えることができました。わたしたちが伝えたかったものはすべて画面に込めたので。皆さんの心に温かいものが残ったらと思います」とあいさつ。続けて木戸も「この映画は一人で観てもほっこりするし、デートムービーに使えるぞと。お相手を誘って、何度でも観ていただけたら」と付け加えた。

 さらに原作ファンの佐倉が「高嶋先生の作品の雰囲気が本当にうまくアニメに落とし込まれているんです」と続けると、「高嶋さんの描く原稿ってめちゃくちゃ繊細に描き込まれているというよりは、ザクザクした線がすごく情感たっぷりで。いろんなものが伝わってくるし、繊細さも持ち合わせている、不思議な作家さんだなと思っていて。それがアニメになるとちょっと雰囲気も変わるんだろうなと思っていたんですが、本作は水彩っぽく描かれているというのもあってか、すごく原作に則っていて。ファンとしてうれしかったです」と紹介。落合も「僕の言いたいことをすべて言ってくれた」と満足げな笑顔を見せた。

落合福嗣

 この日は、原作者・高嶋から初日を祝して手紙が寄せられた。そこには、アニメのスタッフが丁寧に心を込めて作ったことを目の当たりにし、「大号泣してしまいました」と書かれており、「声をあててくれた高橋さんがかわいくてイキイキと主役を演じてくださって。漫画を描いていても高橋さんの声で再生されています」「佐倉さん、カッコいい加瀬さんをありがとうございます。女子の皆さんは映画館を出るときに、加瀬さんステキとなるのか、佐倉さんステキとなるのか(混乱して)分からなくなっているかもしれません。わたしは佐倉さんの声でやられてしまいました」とメッセージが。

 さらに「木戸さん、初めてアフレコ現場で聞かせていただいた時、三河が三河っちすぎて三河じゃんと現場で一番の衝撃でした。三河の下の名前が出なくてすみません。でも本当に大事な役です。三河すぎて今でも衝撃です」と木戸や落合へのメッセージもつづられており、声優陣は大喜びだった。

 そして最後は、作品が大きく育つことを祈願して、登壇者たちが客席にあさがおの種をまくことに。実は、5月に同作の完成披露上映会が行われた際には、ブーケトスが行われ、客席にいた女子高生に渡そうと思ってブーケを投げたものの、狙いがうまく定まらず、別の人が受け取ってしまった(ただし最終的には女子高生のもとに渡された)という苦い過去を告白する佐倉。しかしこの日、なんと客席にはその時の女子高生が再び来場していることが発覚。再チャレンジを誓った佐倉は、今度はなんとかその女子高生に直接あさがおの種を渡すことができ、満足げな様子だった。(取材・文:壬生智裕)

『あさがおと加瀬さん。』は公開中

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]