『キック・アス』リブート&スピンオフ企画が進行中!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
第1作はブラッド・ピットも製作に参加している - Lionsgate / Photofest / ゲッティ イメージズ

 人気アクション『キック・アス』のリブートと、同作に登場するヒット・ガールのスピンオフ作品が計画されていると、製作・監督を担当したマシュー・ヴォーンがEmpireで明かした。また監督は、人気スパイアクション『キングスマン』のシリーズ化についても言及している。

【画像】ヒット・ガールを演じたクロエ・モレッツ

 『キック・アス』は、マーク・ミラーの同名コミックをもとにしたバイオレンスアクション。平凡なオタク高校生デイヴ(アーロン・テイラー=ジョンソン)が“キック・アス”と名乗り、ずば抜けた戦闘能力を誇る美少女ヒット・ガール/ミンディ・マクレイディ(クロエ・グレース・モレッツ)と共に、ヒーローとして活動する姿を描く。2014年には続編『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』も公開されており、ヴォーン監督は製作を担当した。

[PR]

 監督は、同サイトに対して「『キック・アス』のリブートと『ヒット・ガール』のスピンオフを予定しているよ」と告白し、同シリーズのリブートだけではなく、ヒット・ガールの単独映画も検討していることを明かした。単独映画は、クロエが演じたヒット・ガール/ミンディ・マクレイディの大人になった姿、もしくは、ビッグ・ダディの修行のもと成長していく彼女の若かりし日々を描く作品になるという。現時点で、クロエが同役を演じるのかは判明していない。監督は、2作品に関して「マーク・ミラーがコミックスで表現してきたことを参考にする」と語っており、原点回帰を狙った作品になることを示唆した。

 またヴォーン監督は『キック・アス』の他にも、自身が手掛けた人気スパイアクション『キングスマン』のシリーズ化も企画している。ハリー・ハート(コリン・ファース)とゲイリー・“エグジー”・アンウィン(タロン・エガートン)の物語が完結するシリーズ第3弾と共に、『キングスマン:ザ・グレイト・ゲーム(原題)/ Kingsman: The Great Game』という、1900年代初頭のスパイ組織を描くスピンオフ作品も進行中である。

 他にも、同作品のテレビシリーズや、『キングスマン:ゴールデン・サークル』でチャニング・テイタムジェフ・ブリッジスハル・ベリー演じるキャラクターが所属していた組織「ステイツマン」を描く映画も企画されており、今後『キングスマン』ユニバースとして世界観が広がっていくことが予想される。

 両シリーズは、ヴォーン監督の製作会社マーヴ・フィルムズによって製作が予定されている。(編集部:倉本拓弥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]