小池徹平、中川大志の恋のライバルに!『覚悟はいいかそこの女子。』

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
小池徹平が“先生界のプリンス”役 - (C) 2018映画「覚悟はいいかそこの女子。」製作委員会

 俳優の小池徹平が、中川大志が主演する映画『覚悟はいいかそこの女子。』(10月12日公開)に出演することが決定した。小池は、中川ふんする主人公の高校生・古谷斗和の恋敵となる美術教師・柾木隆次役を担当する。映画の前日譚である6月スタートのドラマ「覚悟はいいかそこの女子。」(全5話)でも、小池は同役を務める。

【画像】主演の中川大志、ちょっぴりヘタレ男子高校生姿!

 小池演じる柾木は、主人公・斗和(中川)と、同級生の新見律(健太郎)、澤田惟智也(甲斐翔真)、久瀬龍生(若林時英)のクラスの副担任で、生徒思いの優しい美術教師。実はヘタレな愛され男子・斗和が“男子高校生界のプリンス”と呼ばれる一方で、柾木は“先生界のプリンス”と称され、学園中の女子が憧れる存在だ。斗和が何度もアプローチしては撃沈してしまう相手・三輪美苑(唐田えりか)も柾木に想いを寄せており、恋のライバルとして斗和の前に立ちはだかる。

[PR]

 小池は本作について、「先生役は珍しいので、刺激的で演じていてとても楽しいです」とコメント。中川と唐田とは初共演ということで、「中川くんはとても頼りがいがあって、一緒に演技をしていても安心感がありました。唐田さんとの演技では、頭をポンポンしてあげる描写があるのですが、頭ポンポンなんて犬や猫ぐらいにしかしたことがないので、『えっ、どうやってやればいいんだろう……』と悩んじゃいましたね(笑)」と語っている。

 本作は、雑誌「マーガレット」(集英社)に掲載された椎葉ナナの同名人気コミックを映画化。映画のエピソードゼロとなる同名のドラマでは、斗和の同級生・律の恋が大きく取り上げられる。ドラマのヒロイン・朝倉小雨役を恒松祐里が担い、第1話ゲストには俳優の杉野遥亮が出演することが発表されている。(編集部・梅山富美子)

映画『覚悟はいいかそこの女子。』は10月12日公開
ドラマ「覚悟はいいかそこの女子。」はMBSにて6月24日から毎週日曜深夜0時50分~、TBSは6月26日から毎週火曜の深夜1時28分~放送(初回放送のみMBSは深夜2時10分~、TBSは6月26日深夜1時35分~放送)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]