小関裕太、玉城ティナの首筋を甘噛み!『わたしに××しなさい!』胸キュンシーン

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
小関裕太&玉城ティナのドキドキの恋のミッション - (C) 遠山えま/講談社 (C)2018「わたしに××しなさい!」製作委員会

 玉城ティナ小関裕太がW主演を務める映画『わたしに××しなさい!』(6月23日公開)から、12枚の場面写真が公開された。小関が玉城にキスをしたり、首筋を甘噛みしたりと、物語の肝となる胸キュンなシーンが切り取られている。

玉城ティナ&小関裕太の恋のミッション!胸キュン場面写真

 本作は、ウェブ小説家の高校生・雪菜(玉城)が、学校一のモテ男・時雨(小関)の秘密を握ったことから、小説のネタのために恋のミッションを次々に課していくという物語。今回、新たに公開されたのは、時雨が雪菜にキスや首筋への甘噛みを行う場面などを捉えた12枚の写真だ。

[PR]

 この場面写真は、劇中で雪菜が時雨に課すミッションの様子を捉えたもの。「手を繋ぎなさい」「抱き締めなさい」のミッションに続き、時雨が「キスをしなさい」と「首筋を噛みなさい」という指令に挑んでおり、本当の恋に発展していく2人のドキドキの過激ミッションの様子が切り取られている。

 ほかにも、金子大地ふんする時雨の義弟・氷雨に雪菜が押し倒される場面や、佐藤寛太劇団EXILE)が演じる、雪菜に想いを寄せる幼なじみの晶の姿を見ることもできる。そして、時雨と氷雨がにらみ合いながら雪菜にW壁ドンする場面写真は、物語の波乱の展開を予感させるものとなっている。その一方で、このW壁ドンを模した、時雨と氷雨が昌を奪い合うという構図の撮影現場のオフショット写真からは、出演者たちの仲良しぶりが伝わってくる。

 月刊少女漫画誌「なかよし」に連載された遠山えまの同名コミックを実写映画化した本作。今年の3月から4月には、同キャストによるテレビドラマ版も放送された。今回の場面写真に登場するキャストのほかに、映画『ミスミソウ』で主演を務めた山田杏奈も出演しており、監督を『猫なんかよんでもこない。』などの山本透、脚本を『真白の恋』などの北川亜矢子が担当した。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]