スカーレット・ヨハンソンに再びバッシング…演じる役柄をめぐり

ルパート・サンダーズ監督とのタッグ作で再び… - スカーレット・ヨハンソン
ルパート・サンダーズ監督とのタッグ作で再び… - スカーレット・ヨハンソン - Axelle / Bauer-Griffin / FilmMagic / Getty Images

 ハリウッド実写版『ゴースト・イン・ザ・シェル』のヒロインを務めたことでバッシングされた女優のスカーレット・ヨハンソンが、演じる役柄をめぐって再び批判にさらされている。

【画像】黒髪スーツ姿!『ゴースト・イン・ザ・シェル』でのスカヨハ

 日本のSFコミック「攻殻機動隊」を基にした『ゴースト・イン・ザ・シェル』(ルパート・サンダーズ監督)でスカーレットが主人公を演じることが決まると、キャラクターの白人化だとして批判され、興行的にも苦戦を強いられた。そして先日、スカーレットが再びサンダーズ監督作『ラブ&タグ(原題) / Rub & Tug』で主演することが明らかになったのだが、そのキャラクターはトランスジェンダーの男性。そのため、アジア系女優に続いてトランスジェンダーの俳優からも雇用機会を奪ったとして、スカーレットはまた叩かれることになってしまった。

[PR]

 物議を醸していることについてBustleからコメントを求められたスカーレットは、広報を通じて「彼らに伝えて。ジェフリー・タンバー(「トランスペアレント」)、ジャレッド・レトー(『ダラス・バイヤーズクラブ』)、フェリシティ・ハフマン(『トランスアメリカ』)の広報にもコメントを求めることができるって」と過去にシスジェンダーの俳優・女優がトランスジェンダーの女性を演じたこともあっただろうと反論している。

 『ラブ&タグ(原題)』は、1970年代の米ピッツバーグで風俗店の経営により帝国を築いた犯罪王ダンテ・“テックス”・ジル(スカーレット)を描くドラマ。公開日は明らかになってない。(編集部・市川遥)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]