シネマトゥデイ

山崎賢人、初の医師役に自信!じっくり時間かけて作り上げた

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
山崎賢人の主演ドラマ、まもなく!

 俳優の山崎賢人が8日、都内で行われたフジテレビ系ドラマ「グッド・ドクター」(7月12日スタート、木曜午後10時~)第1話完成披露試写会&舞台あいさつに出席。山崎にとって初の医師役への挑戦となった作品について「監督やプロデューサーとじっくりと時間をかけてキャラクターを作り上げていきました」と自信をのぞかせていた。

【写真】山崎賢人、白衣姿かっこいい!

 これまで山崎は数々のドラマや映画に出演しているが、医師役は初めて。オファーを受けたときは、医療用語など医師としての準備が大変だと思っていたと胸のうちを明かしていたが、担当した主人公・湊の「すべての子どもを大人にしたいというまっすぐでピュアな心」に共感し「湊の思いにしっかり向き合い、ブレずにやっていこう」と前向きに考えられるようになったという。

[PR]

 この日は、レジデント(後期研修医)として病院にやってきた湊(山崎)の先輩として面倒をみる小児外科医・瀬戸夏美役の上野樹里、小児外科医のエースとして、湊を厳しく指導する高山誠司役の藤木直人もイベントに出席した。

 2年半ぶりの連続ドラマ出演となった上野は、初共演となった山崎のすべてのスタッフから愛される人柄の良さを賞賛すると「湊と夏美のコンビネーションも回を重ねるごとに成長していくと思います」とパートナーとしての相性の良さを強調していた。

 山崎は、自身が演じる小児外科医が医師全体の0.3%しかいないという事実に触れると「このドラマを通じて、小児外科医という仕事に注目していただき、光が当たれば」と作品に込めた思いを吐露する。「毎週木曜日の夜が待ち遠しいと思ってもらえるような作品にしていきたいです」と意気込みも語った。

 本作は、自閉症スペクトラム障がいでコミュニケーション能力に問題を抱える一方で、驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群の少年・湊が、周囲の偏見や反発にさらされながらも、幼いころからの夢だった小児外科医として、子どもたちの命と向き合う姿を描いた物語。(取材・文:磯部正和)

(山崎賢人の「崎」は立つ崎「たつさき」が正式表記)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]