「仮面ライダービルド」劇場版は戦兎と万丈の関係性に注目!犬飼貴丈も自信

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
桐生戦兎/仮面ライダービルド役の犬飼貴丈

 『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』の完成披露イベントが26日、六本木ヒルズアリーナにて行われ、主人公の桐生戦兎/仮面ライダービルドを演じた犬飼貴丈や万丈龍我/仮面ライダークローズ役の赤楚衛二らが出席。テレビシリーズもいよいよクライマックスを迎え、集大成となる劇場版について、犬飼は「戦兎と万丈の関係性がきれいに描かれています」と自信をのぞかせていた。

【写真いっぱい】浴衣姿のキャスト陣!

 本作は、人気特撮ドラマ「仮面ライダービルド」(テレビ朝日系)の劇場版。この日は、犬飼、赤楚のほか、高田夏帆武田航平越智友己滝裕可里水上剣星前川泰之、劇場版ゲストの勝村政信藤井隆松井玲奈も出席した。赤楚は犬飼と同様に「2人の関係性」に触れると“終着点”という言葉で作品を表現していた。

[PR]

夏らしい浴衣姿!

 北九州を舞台に、3,000人というエキストラを要して大規模なロケが行なわれたことも話題になっているが、犬飼は「集まっていただいた方が、全員『仮面ライダービルド』という作品を愛してくださっていました。一人一人のお顔がとても印象的でした」と撮影を振り返ると、赤楚も「真夏の暑い時期、日焼けをしながらみなさん頑張ってくれました。出来上がった作品を観たのですが、すごい画になっています」と期待をあおっていた。

 劇場版ゲストとして、地球を滅ぼすためにやってきた“ブラッド族”にしてシリーズ史上最強の敵・伊能賢剛/仮面ライダーブラッドにふんした勝村は「悪役であり政治家の役でもあったので、あまり軽くならないようには意識しました」と役づくりについて語ると、同じく“ブラッド族”の郷原光臣/ゼブラロストスマッシュ役の藤井は、現場で若い役者とベテランスタッフたちが、厳しくも愛のある関係性で結ばれていることに感動したという。

[PR]

 一方、才賀涼香/シザーズロストスマッシュ役の松井は特撮好きで知られており、撮影現場で生の仮面ライダービルドを見た際に「テンションが上がった」というが「悪役なのでグッと我慢した」と告白。さらに「いろいろな人にエネルギーを与えてくれる」と仮面ライダーシリーズの魅力を語ると、「観るのも出るのも楽しいですね」とご満悦の表情だった。

 犬飼は「すべてが詰まった夏にぴったりのベストマッチが繰り広げられます。自信を持って進められます!」と力強く作品をアピールしていた。(磯部正和)

『劇場版 仮面ライダービルド Be The One』は8月4日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]