佐野勇斗、久々共演の葵わかなに感謝「幼なじみみたい」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
W主演を務めた葵わかなに感謝の思いを口にした佐野勇斗

 佐野勇斗が31日、都内で行われた映画『青夏 きみに恋した30日』(8月1日公開)の前日祭舞台あいさつに出席し、ダブル主演を務めた葵わかなと感謝の言葉を送り合った。この日は共演者の古畑星夏岐洲匠久間田琳加水石亜飛夢秋田汐梨志村玲於、監督の古澤健も来場した。

【写真】葵わかな&佐野勇斗ら浴衣で登場!

 本作は、夏休みを田舎で過ごすことになった都会育ちの女子高校生・理緒(葵)と、地元の高校生・吟蔵(佐野)が繰り広げるラブストーリー。公開を翌日に控えたこの日、前日祭と題した上映会が実施され、鮮やかで涼しげな浴衣をまとった出演者たちが登場した。

[PR]

 佐野は「みなさんに作品を観ていただけるのをすごく緊張しながらも、楽しみな気持ちでいっぱいです。面白かったらたくさん呟いて、一人ひとりが宣伝隊長のつもりでお願いします」と会場に呼びかけた。葵も公開を控えて緊張しているとのことで「その気持ちをみなさんと共有できたらと思っています」と感無量の様子。

 クランクインからプロモーション活動まで共に頑張ってきた2人。共演は本作が2度目となる。佐野は「葵さんと出会って4年以上経ちますが、役者仲間というよりは幼なじみみたいな感じの印象。葵さんには助けられることが多くて。理緒が葵さんで良かった」と思いを伝えた。

 一方の葵も、佐野との共演には安心感があり、感謝の思いが強かったという。「私はしっかりしているね、大人っぽいねと言われることが多くて。間違いではないかなとは思うんですけど、私のできないことが佐野くんにはできるんです。助けられました」。

 そんな葵について古澤監督は「撮影前半の花火大会の場面で、いい芝居も出たし、オッケーかなと思っていたところ、わかなから『もう一回やりましょう』と。そう言ってくれて、妥協なく最後までやり遂げることができました」と称賛。共演者の古畑は「現場を一番盛り上げてくれたのは佐野くんなんです。撮影はハードだったと思うけれど、みんな頑張ろうと言ってくれました」と振り返った。(取材・文:壬生智裕)

映画『青夏 きみに恋した30日』は8月1日より公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]