犬飼貴丈、『仮面ライダービルド』最高!劇場版初日に熱い思い

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ついに迎えた初日! 犬飼貴丈

 4日に都内で行われた『劇場版 仮面ライダービルド Be The One(ビー・ザ・ワン)』『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film(アンフィルム)』初日舞台あいさつで、桐生戦兎/仮面ライダービルドを演じた犬飼貴丈がテレビシリーズの集大成となる劇場版に「この映画を観なければ夏は終われません! ビルド最高!」と熱い思いを語った。

犬飼貴丈、赤楚衛二らキャスト集結!初日舞台あいさつ【写真】

 本作は、平成仮面ライダーのシリーズ第19弾「仮面ライダービルド」の劇場版。犬飼は、会場に詰め掛けた大勢のファンを前に「この日を待ち望んでいました」と感慨深い表情であいさつすると、万丈龍我/仮面ライダークローズ役の赤楚衛二は「スタッフさん、キャスト、エキストラさん、みんなの血と涙の結晶だと思っています。この映画、負ける気がしねー!」と絶叫。

[PR]

 そんな若手俳優二人をドラマシリーズ開始から見守ってきた石動惣一役の前川泰之は「大画面を通して犬飼くんと赤楚くんの自信にみなぎっている表情を見たら、きっと成長を感じられると思います」と目を細めると、日を追うごとに現場でたくましくなっていく犬飼と赤楚の姿に「この役は彼らしかできなかった」と太鼓判を押していた。

 また、ゲスト出演した松井玲奈は、才賀涼香/シザーズロストスマッシュ役で悪役に挑んだ。「悪い奴だけれど格好よくてどこか好き」というエッセンスを取り入れて役づくりに励んだという松井は、「やわい奴は嫌いなのよ」といった悪役ならではのセリフを言い放つシーンについて「台本にはなく、監督の演出によって膨らんでいった」とライブ感を大切にしていたことを明かした。

 さらに、本作の撮影がとても楽しかったという松井は「これから先は悪女もできる女優になりたい」と目標を掲げると、仮面ライダーシリーズへも「今度はレギュラーで出演したい」と意欲を見せていた。

 この日は犬飼、赤楚、前川、松井のほか、高田夏帆武田航平越智友己滝裕可里水上剣星も出席し初日を祝ったが、犬飼は「満足度、動員数で1位になりたい。祈願です!」と強い視線で語っていた。(磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]