大杉漣さん初プロデュースで最後の主演『教誨師』予告編が公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ポスタービジュアル - (C) 「教誨師」members

 今年2月に急逝した名バイプレイヤー、大杉漣さんの初プロデュース作にして最後の主演映画『教誨師(きょうかいし)』の予告編とポスタービジュアルが公開された。予告編では、大杉さんが受刑者の心の救済を行う教誨師にふんして死刑囚に向き合う姿が映し出される。

『教誨師(きょうかいし)』予告編

 本作は、教誨師の中でも死刑囚専門の牧師・佐伯(大杉さん)と、6人の死刑囚の対話を描いた人間ドラマ。佐伯は彼らに寄り添いながらも苦悩し、自身の人生とも向き合うことになる。ほぼ全編が教誨室という限られた空間で繰り広げられる会話劇で、時にユーモアを交えた魂のぶつかり合いから人間の本質が浮き彫りになっていく。

[PR]

 佐伯が死刑囚たちと面会する姿が切り取られた今回の予告編。心を開かない無口な男・鈴木(古舘寛治)、おしゃべりな関西の中年女・野口(烏丸せつこ)、お人好しのホームレス・進藤(五頭岳夫)、気のいいヤクザの組長・吉田(光石研)、家族思いで気の弱い父親・小川(小川登)、自己中心的な若者・高宮(玉置玲央)と対面して、それぞれの話に耳を傾ける佐伯。優しく語りかける声や、攻撃的な態度をとられる場面などから、全身全霊で佐伯を体現する大杉さんの姿が見て取れる。

 大杉さんがエグゼクティブプロデューサーと主演を務めた『教誨師(きょうかいし)』は、10月6日から有楽町スバル座、池袋シネマ・ロサほかにて全国順次公開される。(編集部・小松芙未)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]