松本人志の新番組「FREEZE」に出演者からクレームの嵐?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
またも新たな笑いが! 新番組の配信がスタートした松本人志

 ダウンタウン松本人志が19日、六本木ヒルズ大屋根広場で行われた Amazon Prime 新企画「HITOSHI MATSUMOTO Presents FREEZE」配信記念記者発表会に出席、過酷なゲームに参加した8人の出演者から、非難や愚痴を一身に受けた。この日は参加者から岩尾望フットボールアワー)、クロちゃん安田大サーカス)、しずちゃん南海キャンディーズ)、鈴木奈々ダイアモンド☆ユカイボビー・オロゴン諸星和己らも出席した。

「FREEZE」発表会見フォトギャラリー

 芸人たちの密室笑わせ合いサバイバル番組「ドキュメンタル」に続いて、松本と Amazon Prime がタッグを組んだ本企画。何が起きても微動だにせず耐え続けなくてはならない “氷の塔”に集結した8人の参加者が、100万円をかけ、目の前で繰り広げられる、過酷でナンセンスな出来事に耐え続けるさまを追う。

[PR]

 すでに本編を撮り終えた松本は「『ドキュメンタル』の次に何があるかなと考えて、そぎ落とした結果、こうなりました。僕も今、テレビの世界から干されかけているので、Amazonさんと心中するつもりで頑張りたい」とジョークを交えて意気込みをコメント。出演陣についても「この人選は良かったなと思います。面白いものになりましたよ」と満足げに語り「何もしないで100万円がもらえるなんて夢のような話ですよね」としみじみ付け加えた。

 しかしそんな松本の言葉とは裏腹に、参加者の口からは、恨み言ばかり飛び出す。岩尾が「どういう企画なのかほぼ知らされずに放り込まれたので、恐怖しかなかった。松本さんの合図が出るまで動いてはいけないので、耐えている間、待っている間もずっと緊張感が続くのでつらかった」と証言すれば、鈴木も「本当に松本さんってすごいなと思ったんですけど、初めて松本さんにムカつきました。本当にムカつきました! 殺意がわきました!」と松本を非難する。

 さらに諸星が「やわらかく言って、松本さんのいき過ぎたいたずら。悪く言うと松本さんのパワハラ。今、第三者委員会の目に委ねていますから」と続けると、松本も「みんなが本気で訴えたら、全員勝てると思いますよ」と認めるほど。だが、そんなクレームの嵐にも松本は涼しい顔で、「でも優勝したら100万円もらえますからね。ここで稼いで、(参加費100万円が自腹となる)『ドキュメンタル』に出てもらったらいい」「いい思い出になるんじゃないですか」などと言い放ち、参加者たちの怒りをさらに買う始末(?)だった。

[PR]

 しかし、「腹も立ってくるけど、でも徐々に慣れてきて、心地よくなってくるんですよね」という諸星の言葉の通り、参加者の胸中には、怒りと心地よさが混じり合った複雑な感情が去来している様子。そこで松本も「これが“王様のゲーム”なのかなと思いました」と性懲りもなく付け加え、会場を沸かせた。(取材・文:壬生智裕)

「HITOSHI MATSUMOTO Presents FREEZE」は Amazon Prime Video にて配信中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]