戸田恵梨香、いまだかつてない難役と格闘「涙が出てしまう」

新ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」トークショーに登壇した戸田恵梨香
新ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」トークショーに登壇した戸田恵梨香

 女優の戸田恵梨香が5日、都内で行われた10月12日スタートのTBS系ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」(毎週金曜夜10時~)特別試写会&トークショーに、共演のムロツヨシ草刈民代松岡昌宏、脚本家の大石静と共に出席。本作で戸田は、34歳にして若年性アルツハイマーにおかされる女医を演じているが、いまだかつてないほどの難役であることを明かしていた。

【写真】トークショーの様子

 本作は朝ドラ「ふたりっ子」や「セカンドバージン」など数々の名作ドラマを送り出してきた大石静のオリジナル脚本による純愛ラブストーリー。若年性アルツハイマーにおかされた女医・北澤尚(戸田)と、彼女を明るく健気に支え続ける元小説家・間宮真司(ムロ)の10年にわたる軌跡を追う。

[PR]

 これまでも映画やドラマでさまざまな役柄を演じてきた戸田が「こんなに難しいと実感したことがなかった」という尚という役。アルツハイマーという病については「資料を見たりしながら想像するしかない」と、簡単に理解しきれるものではないことを実感しながら「ムロさんを含め、ほかの方々とのお芝居で感情を大切にしながら演じています」と真摯に役柄に向き合っていることを明かす。

大恋愛
左から松岡昌宏、戸田恵梨香、ムロツヨシ、草刈民代

 そのぶん、役柄に寄り添うことは大切にしていると語ると「どうしても感情を持っていかれてしまう。泣いてはいけないところで涙が出てしまうことがあり、感情のコントロールが難しい。今まであまり経験がなかったこと」と動揺しながら懸命に演じているという。

 そんな戸田に、大石は「うまい女優さんだと思ってたので、ご一緒したかった。やっと思いが叶った」と賛辞を送ると、1週間ほど前に俳優の佐々木蔵之介から「『オードリー』の子役が大石さんのところに帰ってきましたね」というメールをもらったことを明かす。

[PR]

 大石は、2000年から2001年にかけて放送された、自身が脚本を手掛けたNHK連続テレビ小説「オードリー」のなかで、戸田が大竹しのぶふんする育ての母・滝乃の少女時代を演じていたことを告げると「名前まで覚えていなかったのですが、そのとき『とてもうまい子だな』と思っていたんです。それがまたこうしてめぐり合えるなんて……」と感慨深い表情を浮かべる。それを聞いた戸田は「蔵之介さんがそれを覚えていることに驚きました。当時わたしは小学校6年生ぐらい。本当に少ししか出ていなかったから」と目を丸くする一幕もあった。

 戸田は「登場人物がどう選択して、それぞれの運命をとらえていくか。ぜひその部分を見ていただけたら。またみんなが笑顔になる瞬間を楽しみにしてほしいです」と見どころを語っていた。(磯部正和)

「大恋愛~僕を忘れる君と」は10月12日よりTBS系にて放送スタート(毎週金曜夜10時~・初回15分拡大)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]