国木田独歩の玄孫・彩良が映画初主演!原案は谷崎潤一郎の「陰翳礼讃」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
映画初主演の国木田彩良

 明治の小説家・国木田独歩の玄孫でモデルの国木田彩良が、谷崎潤一郎の随筆「陰翳礼讃」を原案とする『IN-EI RAISAN』で映画初主演を務める。

 日本人の母とイタリア人の父を持つ彩良は、1993年ロンドン生まれ、パリ育ち。今回の主演映画『IN-EI RAISAN』は、パリから京都にやって来た写真家の旅人が、いわくありげな茶人と出会うさまを描く。茶会の一連の流れと夢幻能の構成を交えた全編セリフ無しの映像作品となっており、彩良はいわくありげな美しい茶人を演じる。

 上映は10月5日~7日に京都の建仁寺塔頭両足院で行われる。公開されている予告映像では、京都で撮影された風光明媚な景色が映し出されており、彩良の麗しい着物姿も確認することができる。(編集部・吉田唯)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]